H26年度ステップアップ研修

2014年11月29日 (土)

H26年度ステップアップ研修 閉講式

11月28日(金)、
いよいよステップアップ研修の最後の日になりました。
毎年言っていますが、本当に月日の経つのが早いです。
4月の開講式をしたのが、ついこの間だったような気がします。

Img_6966

閉講式の前に、これまでの花壇実習を振り返りました。
植え付けた直後と、数ヶ月後の生長した姿を見比べてみると、
良かった点、悪かった点、いろいろありましたね。この結果を元に
それぞれの地域でさらに素敵な花壇を作ってくだされば幸いです。

閉講式では、20単位のうち14単位以上出席された方に、
定村専務より修了証を手渡されました。
Dsc05361

Dsc05373

お一人ずつ感想をお聞きしたところ、
「学んだことを地域で活かしたい」「土づくりや最初のデザインの
大切さがわかった」という意見が多く聞かれました。
「花を通して『人の輪』の大切さがわかった」という意見もありました。
花の生長が楽しみなのはもちろんですが、皆で一緒に作業を
するのもまた楽しいのがステップアップ研修の良いところなので
あります。
4月から月に2回ほどの研修でしたが、バスや電車で通われた
方もおられ、本当に大変だったことと思います。

Dsc05379

今年も素敵な出会いをありがとうございました。

2014年11月17日 (月)

花壇実習⑩

11月14日(金)、第10回目の花壇実習を行いました。

いよいよ冬の到来を思わせるような空模様になりました。
この日も朝から雲行きがあやしい感じだったのですが、実習が
始まる時間になると、雨がぴたりと止み、さあ今のうちに作業
してしまいましょう!ということになり、前置きなくすぐに花壇へ。

Img_6878

最終回の今回は、植えてある苗をすべて撤去します。

Img_6884

見頃を過ぎた花たちは、落ち葉にまみれてさすがにわやわやです。

Img_6890_2

「なんかさみしーねー」と言いながら、どんどん抜かれていきました。

Img_6903

未だにピンピンしているマツバギクはみんなにおすそわけしました。

イポメアの根っこには・・・
Img_6905
今年もこんなに立派なお芋ができました!
おいしくないけどね。

枯れたコキアを手に、何やら相談中です。
Img_6910
「ほうきにしたら丁度いいちゃ」
という会話がされているに違いありません。

苗を取り除いた後は、腐葉土を混ぜ込みました。
Img_6917

油谷さん、さっそくさっきのコキアでお掃除されています。
Img_6924

そうこうしているうちに雲が流れて、青空も見えてきました。
Img_6913_2

今年の花壇実習はお天気に恵まれましたね。
写真を見返しても雨の中の作業は一度もなく、今日のように
実習の時間になると雨がピタリと止むことが何度かありました。
たくさんの人の目を楽しませてくれた花壇も、春までお休みです。

作業のあと、島先生より冬の間もハンギングや寄せ植えで
楽しめる花苗をいろいろと紹介していただきました。

Img_6938

Img_6943

そして、先日皆で種まきして発芽した、「キンセンカ」と「よく咲くスミレ」
の苗と合わせて寄せ植えできるように、3種類の葉ボタンを受講者に
配布してくださいました。

Img_6941

島先生、毎回丁寧にご指導くださり、本当にありがとうございました。
受講者の皆さんも10回の実習おつかれさまでした。

次回は11月28日(金)、ステップアップ研修のまとめをします。


2014年10月24日 (金)

花壇実習⑨

10月17日(金)、第9回目の花壇実習をしました。

すっかり秋も深まって花壇もお疲れ気味ですが、青空に秋色が
映えていますね。

Dscf0368

前回の実習からの間に、2度の台風がきましたが、富山はさほど
被害もなく、ほっとしました。

夏場に元気がなかったサルビア・スプレンデンスが復活して、
今が盛りと咲き誇っています。
Dscf0357_2

サルビアやベゴニアなど、秋にも元気な種類を取り入れると、
長い期間花壇を楽しめますね。

Img_1445

Dscf0365

あと1ヶ月がんばって咲いてもらうために、乱れた花を整えました。

ところで、1ヶ月前に皆でまいた種は・・・
Img_1489

こーんなに芽が出ていました。
けっこうな発芽率ですね。

今回はこれをポットに移す作業をしました。
Img_1513

Img_1505

細かい作業なので、皆真剣です。
さすがにグリーンキーパーさんたち、手慣れておられます。
自分で植えた苗が育つ喜びは、格別ですものね。

次回の花壇実習は、11月14日(金)です。
いよいよ最終回、花壇の花を撤去します。














2014年9月20日 (土)

花壇実習⑧

9月19日(金)、第8回目の花壇実習をしました。
透き通るような秋晴れになりました。

Img_6607

先週はポスター原画コンクールなどがあり、花壇を見に来られ
なかったので、さぞかし花がらがいっぱいで、荒れてるんでは
ないかと思っていたのですが、

Img_6580

案外そうでもなく、多少倒れかかったものもありますが、
花の色が一層濃くなって、秋色になっていました。

Img_6569

今回は一年草の花がら摘みを中心に作業をすすめました。

Img_6575_2

Img_6600

倒れかかったものには支柱を立てて、見栄え良く。
Img_6577

5班さんのブルーのハートには、こんな支柱が立てられました。
Img_6619
木の枝で!
こんな方法もあるんですね。
緑色の棒よりナチュラルで、カモフラージュできています。

4班さんのコキアがもうこんなに紅葉して・・・・。
Img_6571

というのは間違いで、2週間ほど前に尺取り虫みたいなのが
大量発生しまして、数日で葉っぱを丸坊主にされてしまった結果、
茎だけが残ってしまったのです。
6班さんの端っこの1本まで移ってゆきました。
Img_6574

本来、今の時期のコキアは右側のような状態であるべきなのです。
植物園の方に薬をまいてもらったおかげで、なんとかここで食い止
めることができました。

Img_6604

カモさんにやられて植え替えたカンナですが、植えた時期が
遅かったのか、元々矮性の品種だったのかはわかりませんが、
あまり背が伸びず、後ろでひっそりと咲いています。

コキアの散髪が上手なのは、2班の中井さんです。
いつもま~るく形良く仕上げられます。
Img_6598

夏の間元気がなかった、赤のサルビア・スプレンデンスは、
新しい葉っぱが出てきて盛り返してきました。前回の切り戻しが
よかったのですね、きっと。
Img_6589

この時期の切り戻しは難しいですね。切り過ぎると、枯れる原因
になってしまいます。

Img_6617

パンパスグラスを借景に、見栄え良くなりましたhappy01

作業の後は、島先生のミニ講座です。
今日は「種まき」の実演です。

Img_6631


Img_6634

秋まきの種をまくシーズンですので、今回はキンセンカとビオラの
種をセルトレイに播きました。

Img_6639

セルトレイを切断して、発芽まで希望者に自宅で管理してもらって、
また皆でポットに植え替えをする予定です。

次回の実習は、10月17日(金)です。
きっと秋がうんと深まっていることでしょうね。

2014年8月29日 (金)

花壇実習⑦

8月29日(金)、第7回目の花壇実習を行いました。

始まる前に、島先生と早く来られた方々が・・・
Img_6452

25日に発表になった県の花のまちづくりコンクールの結果に
ついて談話しておられました。何人かの方が新聞の切り抜き
を持ってきておられましたよ。

朝晩は少し涼しくなって、空の色もなんとなく秋の気配を感じ
ますね。でも日中は、まだまだ暑いです。

Img_6460

この夏は高温が続いたあとに今度は豪雨続きで、花たちも
お疲れ気味です。傷んだ花もあれば、持ちこたえた花もありました。

後ろのパンパスグラスが、いつの間にか見頃になっていました。
Img_6473

植物園ではパンパスグラスをお目当てに来られるお客様が
多いので、花壇もきれいにしておかなくてはいけませんね。

今日も伸びすぎた花や枝をせっせと切り戻します。
Img_6468

元気すぎるイポメアは、もうちょっとおとなしくしてもらいましょう。
「バッタがバッタバッタと食べてってバタバタになった」そうです。
Img_6466

マリーゴールドは茎が割けて倒れ込んでいたので、支えを
つけられました。
Img_6489

センニチコウも起こして風通しよくなりました。
Img_6483

コキアは茎の部分がほのかに赤くなってきました。
Img_6476

これからは前回までのような強い剪定はしない方がよい
そうです。ハサミで散髪するように形を整えました。
Img_6492

ブルーハートは健在です。前回の切り戻しの後、復活しました。
Img_6490

あっちこっちにこぼれ種から出てきた苗が目立つようになりました。
Img_6406
バーベナ・ボナリエンシスや、サルビア・コクシネアは傷んだ花の
ところに捕植しました。

Img_6499

お手入れしてもらってすっきりしました。
あと2ヶ月は頑張って咲いてもらわなくちゃいけません。
秋はどんな色になっていくのか楽しみです。

作業の後は、前回、島先生に実演していただいた「ハイドロカルチャー」
が好評だったので、今日はみんなでやってみましょう!
ということで、

Img_6505

とても手軽にできました。すごく長持ちするそうです。

Img_6510

Img_6511

次回は9月19日(金)です。

2014年8月 5日 (火)

花壇実習⑥

8月4日(月)、第6回目の花壇実習をしました。

少しでも涼しいうちにと、すぐに花壇へ出かけました。

Img_6350

今日もまず、ひと通り作業の手順を習います。

夏の手入れをしっかりしていれば、秋もしっかり咲いてくれるとのこと。
さあ今日もがんばりましょう!

Img_6366

Img_6370

ひたすら花がら摘みや切り戻しです。

Img_6375

サルビア類はお盆頃に新しい花穂が咲き揃うように、
花をほとんど摘まれました。

Img_6383

マリーゴールドも風通しよく。

Img_6358

Img_6355

Img_6385

お手入れ後は花数が少なくて、ちょっとさみしいですが、
直にまたもりもりになりますので、乞うご期待です。

作業の後は、島先生のミニ講座。
今回は『ハイドロカルチャー(水耕栽培)』で草花を育てる方法を
実演してくださいました。
Img_6390_2

Img_6391

土の替わりに「ハイドロボール」を使用します。
肥料もいらず、害虫の心配もなく、手軽に楽しめます。

Img_6396

根がつきやすいコリウスと、観葉植物のオリヅルランで
こんなに素敵にできました!

猛暑日が続いておりますが、体に気をつけて暑さを乗り切りましょう。
次回の花壇実習は、8月29日(金)です。

2014年7月25日 (金)

今日の花壇

ステップアップ研修受講者の皆さんへ。
次回の実習までまだ10日ほどありますので、
今日の花壇の様子をお伝えします。

一層株間がうまって、こんもりとしてきました。

Img_0779

1班さんの『和(なごみ)花壇』
Img_0757

Img_0763

マリーゴールドは順調です。
真ん中の一番手前の赤いサルビアが1本、立ち枯れ状態です。
Img_0758

四隅のトレニア、ベゴニア、サルビア・ファリナセアは順調です。
こぼれ苗のハゲイトウも大きくなってきましたよ。
Img_0806

2班さんの『花風船花壇』
素敵な花風船ができました。
Img_0765

植え替えたカンナはガードの高さを超えました。
Img_0766_2

前回コンパクトに剪定をされたイポメアは、またまたのびのびと
生長しています。
Img_0767

葉っぱが穴だらけになってるんですが、犯人は彼らです。
食べるのに夢中なのか、カメラを近づけても逃げません。。。
Img_0800

3班さんの
『おしゃれな日当たり花壇』
Img_0771

前回、全ての花を摘まれたマリーゴールドは、ちらほら咲き始めました。
Img_0772

マリーゴールドが元気過ぎますが、実は後ろ姿もおしゃれなのです。
Img_0775

植え替えたコリウスは、根付かなかったようです。が、
こぼれ苗のセンニチコウが代役を務めてくれるようです。
Img_0773

4班さんの『風の盆花壇』
Img_0776

中央が踊り子さんで、両脇は観客なんだと、私は勝手に解釈しています。
奥のコキアは、八尾の山々、手前のコリウスは踊り子さんの傘にも見え
てきて、楽しくなります。

島先生も、この配置のせり上がりがすごくいいと褒めて下さっています。
Img_0777

株間にメランポジウムだと思っていたこぼれ苗は、どうやら別人の
ようです。これ、何でしょうか??
Img_0778

栄養系コリウスが目をひきます。
Img_0780

5班さんの『心花壇』
Img_0784

ブルーハートが見事です。
先日、植物園のお客様も、「あ、ハートだ!」とおっしゃってましたよ。

縁取るように植えられたベゴニアですが、
Img_0786
また襲われたかとも思いましたが、ちょっと病気がちなのか、
葉が落ちてしまっています。補植用に苗がまだあるので、
植え替えるかまた皆で検討してみましょう。

後部のサルビアは順調です。
Img_0789

アゲラタムは蒸れたのか、一部だけ枯れた部分がありました。
Img_0787

6班さんの『かがやき花壇』
Img_0790

テーマの通り、輝いています。
植え替えたカンナは、ようやく頭を出してきました。
後ろで密かに花を咲かせていますが、メランポジウムの生長が
すごくて、ちょっと苦しそうですね。
Img_0796

Img_0794

前回挿し芽をされたシロタエギクですが、
Img_0792
なかなか根が付きにくいようです。

暑さはこれからが本番ですね。
では8月4日にまたお会いしましょう。

2014年7月14日 (月)

花壇実習⑤

7月14日(月)、第5回目の花壇実習を行いました。
富山は台風8号の影響もさほどなく、ほっとしましたね。

今日はどんより曇り空でしたが、雨はもちこたえてくれました。

Img_6132

梅雨時の手入れの仕方をひと通り教わりました。

Img_6143

ニチニチソウは咲き終わった花が葉の上に落ちてこびりつくと、
そこから病気が発生しやすいので、こまめに取り除くこと。
Img_6129_3

アゲラタムは株元が蒸れやすいので、風通しがよくなるように
切り戻しをします。
Img_6167

コキアがかなり大きくなってきたので、形よく剪定を。
Img_6140

4班さんの『風の盆花壇』のコキアは真ん中が高くなるように
アーチ型に剪定されました。
Img_6165_2

マリーゴールドは葉ダニが出やすいので、これも風通しよく切り戻しをします。
Img_6155
3班さんのマリーゴールドは、いったんすべての花を摘まれました。
どのくらいで回復するか、また見ておきましょう。

残念なことに、カンナについで今度はベゴニアがカモさんたちに
荒らされてしまい、新しく植え替えられました。
Img_6159_3
早く追いついて大きくなってくれますように・・・。

今度はやられまいと、カモ対策です。
Img_6166_2
2本の糸を張りました。

その5班さんの『こころ花壇』です。
Img_6170_3
サルビア・ファリナセアを赤色のサルビア・スプレンデンスとベゴニアで
縁取ったハート型です。カモさんも思わずつつきたくなるような、素敵な
デザインですよね!

6班さんも、花が咲き始めたカンナを食べられないように、ガードを
リニューアルされました。
Img_6171_2

記念にみんなでパチリッ。
Img_6189_2

作業の後、島先生が今回の花壇に植えられていない、いろいろな種類
の花苗を紹介してくださいました。
Img_6215_2

そして、ハーブのスペアミントとレモングラスで、フレッシュハーブティーを
ごちそうしてくださいました。
さわやかな香りが口いっぱい広がって、とってもおいしかったです。

次回は3週間後の8月4日(月)です。
いっそう生長した花壇をお楽しみに!

Img_6203_2

2014年7月 5日 (土)

講義と花壇実習④

7月4日(金)、ステップアップ研修を行いました。
朝から雨足が心配な予報で、午後の花壇実習はできるのかしら・・・
と思いながら、午前は講義を行いました。

Img_5999

中央植物園の中田園長より、植物を安全に楽しむために
『有毒植物について』講演していただきました。

スクリーンに次から次へと映し出されるのは、きれいだな~と
いつも眺めている身近な花たちばかりで驚きでした。
食べたりしなくても、毒が傷口から入ることもあるそうです。
有毒なものを花壇に植栽することのないように、特に小学校
などで指導される場合など、注意しなくてはいけませんね。

午後の実習の時間が近づくにつれ、雨がやんでくれました。
晴れ男さんと晴れ女さんの集まりです。
Img_6020

前回から2週間たち、花がいっそうこんもりと生長していました。
雨上がりで、一段と生き生きして見えます。

Img_6025

Img_6039

2週間前に花を全部摘んだサルビア・スプレンデンスは、
Img_6024

サルビア・ファリナセアは、
Img_6018

脇からちょこちょこ花があがってきました。
切り戻しをして花が咲き揃うまでに、サルビア類の場合は
3週間ぐらいはかかるということがわかりました。

メランポジウムは、
Img_6017

2週間で十分咲き揃っていました。

そして、本日のメイン作業は・・・
『バーク堆肥でマルチングをしよう』です。
Img_6060

完熟のバーク堆肥を4~5㎝の厚さで土を覆いました。
こうすることで、株間の雑草防止や、泥はねや乾燥を防ぐことが
できます。

Img_6049

4班さんのアゲラタムを手入れしていたら、茎の途中から
根っこが出ていたので、
Img_6046

こっそり隙間に挿し芽してみました。
Img_6061

根付いたら、もうけもんです。

作業の後は、みんなで観賞会です。

Img_6064

あそこがいい、ここがいいと色々聞こえてきました。
「手入れするとやっぱり違うね~」とも。

Img_6066

バーク堆肥で黒い絨毯をしいたようになり、花の色が一層
引き立ったように感じます。

島先生からも、
「どの班の花壇も、コンクールに出しても負けず劣らずです」
と、うれしいことをおっしゃっていだたきました。

次回は10日後の、7月14日(月)です。

2014年6月21日 (土)

講義と花壇実習③

6月20日(金)、曇り空だけど、なんだか蒸し暑い日。
ステップアップ研修を行いました。

午前は講義です。
講師は中央植物園企画情報課の神戸課長より、『法の落とし穴』
と題して、栽培してはいけない植物などを学びました。

Img_5815

「ワシントン条約」や、「生物多様性」など難しそうな言葉が色々
出てきましたが、とても身近な植物が栽培してはいけなかったり
して、皆さん興味深く聞いておられました。

暑いけど、午後は花壇実習です。
植え付けから3週間たち、花壇の花はひとまわり生長しています。
まずは島先生に、花の種類ごとに花がら摘みのポイントを習いました。

Img_5840

本当は花を全部摘んでしまった方が、株が育つそうですが、
ここは見てもらう花壇ですので、ある程度残しておきます。

Img_5853_2

Img_5866

ですが、こんな実験もされていました。
メランポジウムとジニア・リネアリス。
Img_5880

Img_5881

花を全部摘んだら、次回までどのくらい咲くのか。
コンクールを控えた花壇を、審査日に合わせて最高の見栄えに
するためには、どれくらい前に切っておけばよいか・・・
ここで実験しておけばよいですね。

先日お伝えした、カモに襲われて無残な姿のカンナさんたちは、
新しく植え替えされました。
Img_5856

Img_5868

ねぎと鍋を用意しとかんなんかった・・・とか冗談を言いながら
楽しそうに植え替えしておられました。

そして、ここからが、カモVS人間さまの闘いです。
防御策はこうなりました。
Img_5875

今度こそ、つつかれませんように。

Img_5864_2

そして、ここへきて色々なこぼれ種が出てきました。
Img_5848

Img_5849

去年植えていたハゲイトウやサルビア・コクシネア、メランポジウム
などです。これらを活かして、ちょっとさみしい場所に移植したり、
そのまま残したりしました。
Img_5869

Img_5879_2

一層鮮やかな花壇になりそうです。

Img_5892

次回は2週間後、7月4日(金)です。




















より以前の記事一覧