H25年度ステップアップ研修

2013年11月29日 (金)

平成25年度ステップアップ研修 閉講式

11月29日(金)、いよいよステップアップ研修の最終日となりました。
月日の経つのが本当に早いと感じさせられる日です。

閉講式の前に、山本部長より『ステップアップ研修を振り返って』と題して、
みんなでお世話した研修花壇を写真で振り返りながら、よかった点、反省
すべき点を改めて見つめ直しました。

Rimg0007

ステップアップ研修を受講しての感想をお一人ずつお聞きしたところ、

・花を育てて自分も育てられた気がする。
・グループの皆と花の世話をするのが楽しかった。
・学んだことを地元で活かしたい。
・今後、積極的に花の活動に参加して、仲間と花壇づくりに励みたい。
などなど、意欲的な意見をたくさん聞かせていただきました。
・花と緑の銀行や植物園が身近に感じられるようになった。
という声も聞かれました。

最初は緊張気味だった皆さんも、じきに打ち解けられて、楽しそうに花の
お世話をされている姿を拝見していて、私も研修の日が楽しみでした。

閉講式では、30名の方が修了証を受け取られました。
定村専務理事にお話をいただいた後、記念写真で締めくくりました。

Dsc09498

今年も花を通して、素敵な出会いがありましたconfident

2013年11月12日 (火)

花壇実習⑩

11月12日(火)、第10回目の花壇実習をしました。
15日の予定だったのが変更となりましたが、ほとんどの方が出席
してくださいました。
天気予報はrain時々cloudで、どうなることかと思いましたが、なんとか
もちこたえてくれました。

Rimg0001

今日でいよいよ最終回。撤去作業です。

Rimg0013

今にも雨が落ちてきそうな空だったので、余韻を楽しむ間もなく
どんどん作業が進んでいきました。

Rimg0012_2


Rimg0009

秋の花壇を魅了させてくれたコキアもお疲れさまでした。

Rimg0019
ごみ箱へ行かず、ちょいとよけてあるってことは、もらい手が
あるってことかな?

カンナに立派な球根がついていましたよ。
Rimg0022
これもどなたかのお宅で冬越しさせてもらうようです。

イポメアの根っこには、
Rimg0024
おいしそうな芋だ。
でも岡田先生のお話によると、スジっぽくておいしくはないそうです。
掘り返すといろんな発見があって、それもまたおもしろいです。

撤去後はよーく耕して、腐葉土をすきこんでおきました。
Rimg0032

あれ田中さん、それはさっきのコキアでは?
Rimg0036
早速コキアでお掃除されていました。
またの名を「ホウキギ」と言うだけあって、コキアで作ったほうきは
使い易くて丈夫なんだそうです。

あれよあれよの間に、こんなにきれいになりました。
Rimg0033

そして最終日ということで、道具たちもきれいに洗ってもらって
来春まで休憩します。
Rimg0034

作業の後は、岡田先生の最後の授業です。
Rimg0038

花壇の片付け後の土作りなどについて教えていただきました。
毎回丁寧なご指導をありがとうございました。

次回は11月29日(金)、閉講式です。

2013年10月19日 (土)

花壇実習⑨

ひと雨ごとに秋が深まる今日この頃ですね。
朝晩は一層冷え込んできました。
入園口広場のコキアが肩を寄せ合っているように見えて、
思わず写真を撮りました。
Img_4926

10月18日(金)、第9回目の花壇実習を行いました。

Img_4941

花は見頃を過ぎましたが、あと1ヶ月見ていただくために
花がら摘みや剪定をしました。

Img_4958

「うまくいかんだがも勉強やちゃ!」と聞こえてきました。

Img_4954

今年、明暗を分けたのがマリーゴールドでした。

夏頃から茎がさけたり、枯れ込んでしまったりしたものが
多かったのですが、
Img_4976

こんな風にこの時期まで元気だったものもありました。
Img_4977

切り戻しの仕方などに原因があったのかな。。
猛暑、ゲリラ豪雨、台風と、マリーゴールドだけでなく、
どの植物にも過酷な天候だったのではないでしょうか。

サルビア・コクシネアに何やら袋が。
Img_4974

種をとるそうです。
袋が落ちないように見張っておきます。

Img_4947

Img_4937_2

Img_4981

お手入れの後は秋の作業(秋植え球根や土作りなど)について
岡田先生にいろいろと教えていただきました。
Img_4983

Img_4984

次回は11月15日、第10回目で最後の花壇実習です。
いよいよお花を撤去します。







2013年9月28日 (土)

その後・・・

天高く、いろいろ肥ゆる秋ですね。

Img_4823

先日の花壇実習での、イポメアの挿し芽のその後の報告です。

2班さんの花壇では、
Img_4826_2
残念ながら、ほとんど枯れてしまいました。

5班さんの花壇では、
Img_4833_2
いくつか、自力で立ち上がってきていました。
根っこが出ているものを選んで植えられたのがよかったのでは
ないでしょうか。

早い時期に挿したものは、こんな風になっています。
Img_4838

植える時期って大切ですね。

後ろの方でこっそりと挿し芽をされたアメリカンブルーは、
Img_4835
しょぼんとしながらも、なんとなく立っています。

Img_4831

Img_4836

以上、挿し芽の報告でした。

2013年9月20日 (金)

花壇実習⑧

さわやかな秋晴れが続きますね。
9月20日(金)、第8回目の花壇実習をしました。

Rimg0014

今日は『台風後の回復作業』です。
先日もお伝えしましたように、かなりのダメージを受けていましたので、
まずは倒れたものを起こす作業から始まりました。

Rimg0010

Rimg0011

Rimg0034

5班の枯れてしまったマリーゴールドの跡地に、おとなりの班の
イポメアを挿し芽されました。
Rimg0030

マリーゴールドが枯れてしまったのは、切る時期が遅かったのと
(通常は8月中旬)下葉が枯れ込んで体力が衰えていたところに
少々切り戻ししすぎたのでは・・・ということが考えられました。
ですので、こまめに切り戻しをして、枝をすかして株元に光が入
るようにすることがポイントであるということがわかりました。

気付けば、いろんなところで挿し芽を。
Rimg0038

2班にも。
Rimg0042

枯れたら終わりではなく、いろいろと工夫して花壇を魅せる
グリーンキーパーさん達。
この季節の挿し芽は、根が付くかどうかビミョーらしいのですが、
来週の半ばまでお天気が続くようなので、祈るような思いです。

Rimg0013

コクシネアやファリナセアなどのサルビア類にはダメージが少なく
元気でした。これからはそれほど切り戻す必要はなく、花を楽しむ
季節になります。

昨日まではこうだったのですが・・・
Img_4677

皆さんのお手入れのおかげで、元の姿に回復しました。
Rimg0047_2

Rimg0057_2

秋の花壇も楽しみですね。





2013年9月 4日 (水)

つかの間の晴れ間に。

9月4日(水)

先日の花壇実習が雨でできなかったので、水曜日に自由参加で作業
しましょう!と言ったところ、12名の方が参加してくださいました。
天気予報がコロコロ変わり、昨日までrainの予報だったので中止しようか
という話しもあったのですが、ピカピカのお天気の下で作業ができました。

Img_4600_2

夏の終わりの切り戻しは秋まで咲いてもらうための大切な作業です。
岡田先生に習ったように、皆でひたすらハサミを動かしました。

Img_3640

マリーゴールドは半分程度切ると習いました。
私も1班のマリーゴールドをやってみましたが、切ったら出てこなく
なるんじゃないかと不安で、3分の1ほど切るのが精一杯でした。

Img_4607

Img_4606

まだ咲いていてもエイヤッと切る勇気が必要です。。

Img_4608

Img_4604

Img_4609

「月2回ほどだけど、ここへ来るがが楽しみになってきた~」
と言ってくださる方もおられ、うれしくなりました。
たわいのないおしゃべりをしながら花の手入れをするのは
本当に楽しいものです。

Img_4611

Img_4616

花を摘んだらさみしくなりましたが、少しの辛抱です。
1ヶ月後が楽しみですね。

午前中の陽気がウソのように、午後は雷雨になりました。

2013年9月 1日 (日)

花壇実習⑦

8月30日(金)
第7回目の花壇実習。
そろそろ皆さん来られてるかなと、ドリアスホールを覗いてみると、
早く来られた方々がひとところに集まって何やら密談を・・・。
耳をダンボにして聞いてみると、前日に新聞で発表された、花の
まちづくりコンクールの結果の話題で盛り上がっていました。

Rimg0005

朝から雨足がどんどん強くなり、ちょっと晴れ間があったら外で作業を・・
という淡い期待も裏切られ、中でお勉強ということになりました。
こんなどしゃぶりの時は、土が雨にたたきつけられている上に足で踏み
固めてしまうのはよくないし、切り口から雑菌が入るやもしれず。

というわけで、

Rimg0009

岡田先生から夏の終わりの切り戻しの仕方を花の種類ごとに教わり、
今日できなかった分は、9月4日(水)に自由参加で作業をすることに
なりました。雨が降りませぬように・・あわよくば、涼しい日でありますように。

2013年8月 6日 (火)

花壇実習⑥

8月6日(火)、第6回目の花壇実習を行いました。

梅雨明けしたとは言うものの、相変わらずジメジメの毎日ですが、
今日も30名全員が元気に出席してくださいました。

まずは病害虫対策について座学をしてから、いざ外へ。
Rimg0011

もうすぐお盆なので、植物園のお客様もたくさんいらっしゃるはず。
切り戻しすぎて花壇がさみしくならないように、今日はちょっと控えめ
にしましょう!ということになりました。
ひと通り、今日の作業のポイントを確認してから作業開始です。

Rimg0017

Rimg0023

高温多湿に弱いベゴニアに、かなりのダメージが。
Rimg0044
ぽっかりと土が丸見えになったところに、後ろの方の元気なベゴニア
を移植したらどうか・・・という相談がありましたが、この暑い時期の
植え替えは避けた方がいいとのことで、秋まで待つことになりました。
1日中ひなたの場所では、「ベゴニア・センパフローレンス」よりも強い
種類の「ベゴニア・ビッグ」などの方を選択したらよいとのことです。

Rimg0021

とにかく生育が良いのが、マリーゴールド。
この暑さでも、半分くらいに切り戻しても大丈夫だそうです。
今後の台風による倒伏防止のためにも。

赤い「サルビア・コクシネア」も元気いっぱいです。
Rimg0020_2

実習後には
Rimg0051
随分すっきりしました。
こんなに切り戻してもすぐに回復するから大丈夫。
「来年はうちの花壇もこれにしよう」と言っておられる方も。
サルビア・コクシネアは丈夫でおすすめです!

1時間ほどの作業できれいになりました。
今後もたくさんの方に見ていただけますように・・・。

Rimg0054

次回は8月30日(金)の予定です。

2013年7月16日 (火)

花壇実習⑤

7月16日(火)、第5回目の花壇実習を行いました。

今日は花壇コンクールの審査日というところもあり、お休みの方も
ちらほらでしたが、暑い中がんばりました。
暑いといっても先日からの猛暑日に比べたら、午前中はまだ過ごし
やすかったですね。

Rimg0284

追肥は前回したので、今日の作業は除草、花がら摘み、切り戻し。
厳しい夏を越すための日々の管理を教わりました。

Rimg0290

今日一番多かった質問は、切り戻しについて。
どの辺まで切っても良いのか。

Rimg0307

これまでの生長を見ると、マリーゴールドやイポメア等は、前回の追肥
以降、一段と生育が旺盛になった一方で、ベゴニアはさほど生長して
いませんでした。植物ごとの生育適温があり、ベゴニアは暑さに弱いの
で、強い切り戻しをすると高温下では再生しにくいということがわかりました。
ベゴニアは秋以降に本領を発揮してくれるとのことです。

Rimg0309

3週間ほど前にアゲラタムで実験をしてみました。
6月21日に、左側だけ切り戻しをした写真です。
Photo

今日現在、切り戻しをした左側の方が圧倒的に花数が多いです。
Rimg0288

早い時期に思い切って切り戻しておいたら、横に広がってこんもり
とした形になったと、3班の山田さんが話しておられました。

Rimg0312

花壇の中に入らないように手入れをするのが大変です。
この頃のたたきつけるような雨で、土がカチカチになっており、
生育の悪いものはそのせいもあるのかもしれないとのことで、
空気を入れるように土をほぐす作業をしました。

Rimg0320

お手入れ後の花壇です。
Rimg0329

帰りぎわ、「元気でおられ~」と花に話しかける方がおられ、
なんだかあったかい気持ちになりました。

研修終了後も、個別相談が絶えません。
Rimg0330

岡田先生、いつも丁寧なご指導をありがとうございます。

次回は3週間後、8月6日(火)です。

2013年7月 7日 (日)

講義&花壇実習④

7月5日(金)、ステップアップ研修を行いました。

朝からけっこうな雨で、午後は花壇実習なのに大丈夫かしら・・・
と思いつつ、午前は講義を行いました。

Rimg0183

講師は中央植物園企画情報課の神戸課長です。
『法の落とし穴』と題して、植物を栽培する上での注意点を
教えていだだきました。

Rimg0175

4つの写真のうち、栽培してはいけない植物はどーれだ?
という問題提起から始まり、答え合わせは講義の最後で!
という展開です。内容をしっかり聞いてないとわけがわからん
ことになってしまいます。
中央植物園にも、テレビや新聞で見て、これはもしかして栽培
したらいけない植物ですか・・と尋ねて来られる方が時々おら
れますが、そうだとすればそこまで運んでくることがもう法律に
違反しているのだと聞いて、ビックリしました。栽培してはいけ
ない植物があれば、抜いてその場で枯らして焼却処分。運ん
ではいけないそうです。

花壇活動のリーダーを担う頭取・グリーンキーパーの皆さんに
とって、興味深く、とても大切なお話でした。
ちなみに問題の答えは①のケシと③のオオキンケイギクでした。

晴れ男・晴れ女の集まりだったようで、いつの間にか雨はやみ、
予定通り午後は外での実習になりました。

Rimg0197

植栽してから1ヶ月ちょっと経ちましたが、株間がずいぶんと
埋まってきました。

Rimg0232

まずは草むしりと花がら摘み。

Rimg0222 

Rimg0221

追肥もしました。
醗酵油かすを500グラムずつ施しました。
お花の生育が良いので、控えめに。

Rimg0223

空気が入るように土をほぐしながら、油かすを混ぜ込みました。
Rimg0233

4班さん、みんなで何をしてらっしゃるのかと思ったら、
Rimg0212_2

イポメアを挿し芽していらっしゃいました。
Rimg0248

ついでに、ベゴニアの間にメランポジウムも!
Rimg0231

乞うご期待の花壇です。

どの花壇も今のところ順調に育っています。
次回は7月16日(火)です。

より以前の記事一覧