« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月22日 (水)

花壇実習②

5月22日(水)、2回目の花壇実習を行いました。

中央植物園の界隈にて熊さん現る事件が発生し、この日の研修はどうなるのだろうかと
心配でしたが、園内にはいないことが確認されましたので、無事に行うことができました😃

今日はいよいよ植栽。
肥料を混ぜ込んでもう一度耕しました。
Img_5104

前回も石灰などを混ぜ込んで耕したので、ふっかふかです。

まずは管理通路を確保。
Img_5112

デザインを見ながら、苗を配置。
Img_5115

Img_5120 

Img_5122

置いてみて、管理通路の位置を直してみたり、
Img_5124

花苗の配置を直したり。
デザイン通り置いてみたら、以外に間隔が狭かったりします。
花の成長後の大きさを考えて植えなければなりません。
Img_5129

植え付ける時は、あらかじめ植え穴にたっぷりと水を入れました。
Img_5130

Img_5135

根っこがぐるぐる巻きの苗は、やさしくほぐしてやってから。
Img_5134

植え終えたら、咲いているお花をチョッキンと切っておきます。
かわいそうだけど、次のツボミにがんばってもらうためです。
Img_5152

水をたっぷりやって終了です。
Img_5156

この後の天気予報では、30度を超える日もありそうです。
無事に根付いてくれることを願うばかりです。
Img_5157

さて、作業の後は、島先生のミニ講座です。
スイスチャードの種まきをしました。

スイスチャードはサラダとして食べることもできます。
カラフルなので、花壇に植えて楽しむことも。

Img_5187

Img_5191

各自持ち帰って、自宅で楽しみます。

Img_5188

では、次回は6月5日(水)です。

令和元年度 新任研修を行いました。

5月21日(火)、富山市のサンフォルテにて、今年度初めて頭取・グリーンキーパーに
なられた方を対象に、研修を行いました。

Img_5098

午前中は、富山県の「花と緑の元気とやま推進プラン」の概要についてや、
「花と緑の銀行」の活動について説明がありました。

Img_5093

午後は、小矢部市北蟹谷地方銀行で頭取として活動しておられる川原俊昭さん
から、活動の内容や、楽しく活動を続ける秘訣を教えていただきました。

また、花壇づくりの具体的なポイントを、花総合センターの舘睦美さんに教えていただきました。

Img_5101

1日の講義だったので、お尻が痛くなられたんではないかと思いますが、これからの
地域の花壇づくりでの活動に役立てていただければと思います。

たくさんのご参加ありがとうございました。

2019年5月 8日 (水)

花壇実習①・・・土づくり

  5月8日(水)、ステップアップ研修を行いました。

いよいよ花壇実習がスタートしました。
第1回目の今日は、花壇づくりにおいて何より大切な、『土づくり』です。

石黒普及研修部長から、pHを測るための土の採取方法などを教わり、
Img_5010

土の状態を確認した後、
Img_5014  

まずは、わっさわさの雑草の草むしりからです。
Img_5018

花壇作業にもってこいの青空です。

Img_5024  

みんなでやるとあっという間です。

堆肥や石灰を施し、耕しました。

Img_5035

よーく耕して、ふかふかにします。
Img_5042  

きれいに整地されて、植え付け準備は万全です。
Img_5047

使った道具は洗ってぴかぴかに。
錆防止はもちろんのこと、何より次に使う時に気持ち良いです。
Img_5049

作業の後は、実際に各班の土のpHを測ってみましたよ。

Img_5054

測るときに蒸留水がない場合は、いろはすの水でも良いそうです。
Img_5056


Img_5070

土と、肥料入りの土と、石灰の上澄み液を試験紙で試してみました。
Img_5062

土はだいたい6くらいの色を示しました。
Img_5060

石灰は11くらいの色を示しました。超アルカリ性ですね。
Img_5061

簡単な方法なので、地元の地域の花壇や、自宅の花壇も調べてみたらよいですね。

次回は5月22日(水)、前回決めたデザインを基に苗を定植します。


 

 

 

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »