« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月27日 (月)

現任頭取・グリーンキーパー研修(県中央部編)

6月24日(金)、今年度再任された頭取・グリーンキーパーさんを対象に、
現任研修を行いました。県中央部(富山市・上市町・立山町・舟橋村)の方に
立山町にある元気交流ステーション‘みらいぶ’にお集まりいただきました。

‘みらいぶ’ってご存じですか?
私、初めて行ってビックリしたんですけど、3階建ての建物の1階が五百石の
駅になっていて、図書館など公共の施設も色々入り、とっても魅力的な施設
でした。私たちは2階の大会議室をお借りして研修を行いました。

講師もとっても魅力的なこの方!
職藝学院の渡邉美保子先生です。

Img_0191

『エコロジカル・ガーデニング 自然をお手本にした花の庭づくり』

と題して講演していただきました。

Img_0189

自然で生きる植物と庭で生きる植物の違いに着目し、庭の植物を
少しでも自然に近い状態で育てる方法をたくさん教えていただきました。
今回お聞きしたことを、家の庭や地域の花壇に、少しずつ取り入れて
いけたらいいですね。

2016年6月25日 (土)

講義と花壇実習④

6月22日(水)、ステップアップ研修を行いました。

雨の予報だったので、ありゃりゃ~と思ってたのですが、cloud
無事に花壇実習を行うことができました。

今回も島先生から、丁寧にお手入れのポイントを教わりました。
Img_0081_2

この時期、あっちこっちにこぼれ種の苗が出没してきます。

サルビア・コクシネアやセンニチコウ、葉ゲイトウ
Img_0091_2

こちらはマツバボタンがすでにグラウンドカバーになっています。
Img_0122_2

ひと雨ごとに株が大きくなって、びっくりするほどです。

こちらは前回の実習時(6/8)の写真です。
Img_9961_2

2週間後の現在は・・・
すごく生長しています。
Img_0108_2

お手入れもしがいがあります。
Img_0120_2

梅雨時は特に、蒸れないように風通しをよくせねば!
とにかく、花がらを摘む。
Img_0101_2

摘む。
Img_0103_3

摘む。
Img_0128_2

こちらは、トレニアはどこを切ればよいか、という話しなのかな?
Img_0135_2

スペースの空いたところには、こぼれ苗のハゲイトウやマツバボタンを
捕植しました。捕植することでどんな表情になるのかも、楽しみのひとつ
です。
Img_0148_2

Img_0140_2

ごみ箱までキレイです!
捨てるのがもったいない。
Img_0150_2

作業の後は、島先生のミニ講座。
花がら摘みが比較的不要な種類の花苗や、カラーリーフを紹介して
いただきました。
Img_0163_2

午後は講義を行いました。
中央植物園の神戸企画情報課長の『栽培してはいけない植物』です。

Img_0174_2

「ワシントン条約」「生物多様性」と・・・なんだか難しいイメージなんですが、
意外と身近に、下手をすれば家の庭にも、栽培してはいけない植物が植えて
あることがあり、知らず知らずのうちに法律を犯しているかもしれないという
こわーいお話、ではありません。地域の花の指導者として、グリーンキーパー
さん達にはとっても興味深いお話でした。

Img_0168_2

1日の研修おつかれさまでした。
次回は7月6日(水)です。
















2016年6月14日 (火)

梅雨入り

北陸地方も梅雨入りしましたね。
これから続く蒸し暑い日々を想像するだけで、気分がゲンナリdespairしますけど、
雨つぶをはじくアジサイを見ると、梅雨も悪くないな~と思ったりします。

Img_0034s

Img_0032s

こちらは、ハスの葉にたまった雨の水たまり。
涼を呼びますね。
Img_0037s

さて、話は変わりますが、
個人的に、最近私は「ビオラマニア」になりつつあることを自覚しています。

あちこちで春の花壇をにぎわせたパンジーやビオラは、もうお役ご免ですが、
そのビオラが枯れるこの時期、なんだか血が騒ぐのです。

P1000329

ぼやぼやになった花の中の、これがお目当てです。
P1000327

ほとんどの種は開いた瞬間に飛び散って、空っぽなんですが、たまに
落ち損なってくっついているのがあるので、それを狙います。
落ち損なった種も、いづれ落ちるので、その間のタイミングが難しい。
朝のうちが確率が高いような気がしています。
これを採取して、夏は冷蔵庫の野菜室に保管して、9月にまた植えます。
なんせ、枯れ枯れの花の中をのぞく怪しいおばさんがいたら、それは
私です。


2016年6月 9日 (木)

講義と花壇実習③

6月8日(水)、ステップアップ研修を行いました。

午前は「植物管理の基礎知識」として、中央植物園の中田園長より、
『有毒植物について』の講義です。

Img_9914

ふだん目にするとっても身近な花や野菜が、次々と紹介され、実は有毒だった!
という事実に、皆驚いておられました。
保育園や小学校と共に活動されることもあるグリーンキーパーさんにとっては、
特に大切な知識ですね。

Img_9922

一息入れて、午後は花壇実習も行いました。
植え付けてからちょうど2週間経ち、しっかりと根付いたようです。

Img_9936

Img_9937

島先生より、花の種類ごとの花がら摘みの仕方をひととおりご指導
いただいてから、それぞれの作業にとりかかりました。

Img_9951

次の花が咲くまでにどのくらいの時間がかかるのか、確かめる意味でも
花を摘みました。

Img_9957

Img_9962

唯一、4班さんのペチュニアが1つだけ枯れてしまいました。
原因追及のため、根っこの方を調査。
根っこはほとんど活着しておらず、もともと葉の数も少なかったので
力尽きたものと思われます。新しい苗を捕植しました。
Img_9940

今回はさらに腐葉土でマルチングを施しました。
Img_9982

マルチングをすることによって、雑草対策、乾燥防止、土のはねかえり
による病気予防にもなります。さらには、黒っぽい色が、花の色を一層
引き立たせる効果もあり、いいことづくめです。

Img_9961

ゴミ箱の中も美しい。
Img_9995

カンナはもう蕾が上がってきました。確かおととしは、鳥の襲来で
ひどい有様
になりましたので、今年は無事に咲いてくれますように
祈るばかりです。
Img_9989

ニチニチソウも元気です。これからの梅雨時が勝負です。
葉っぱの上に落ちた花がらがこびりつくと、そこから病気になりますので、
なんせこまめな花がら摘みが必要な、世話のやけるやつなんです。
Img_9992

Img_9974

作業の後は楽しい寄せ植え教室~♪もしたんですよ。

Img_0008

材料は、
Img_0011

ベゴニア・ビッグ(赤)、とうがらし(紫)、ユーフォルビア(白)
カリブラコア(黄)

Img_0012

こんな風になりました。白いユーフォルビアが涼しげ。
Img_0019

そしてさらに、種まき実習も始まりました。
Img_0021

Img_0022

自分で播いた種が発芽して花を咲かせる過程は、本当に楽しいものです。

無事に芽が出ますように。。。

Img_0025

講義に、花壇に、寄せ植えに、種まきにと、盛りだくさんな1日でした。

次回は2週間後、6月22日(水)です。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »