2017年2月17日 (金)

コンテナガーデンの展示が始まりました。

『花とみどり・ふれあいフェア』が始まりました。

メインイベントは2月25(土)・26日(日)ですが、1週間前の今日は
コンテナガーデンコンテストの搬入がありました。

ファボーレの正面玄関は大賑わいでした。

Dsc01267

Dsc01278_2

コンテナガーデン、作るのも大変な御苦労ですが、運ぶのもまた大変です。
なんせ、重いですから。

メンテナンスも念入りです。
Dsc01279

1メートル四方の中に、グリーンキーパーさん達のアイディアや
花への思いがいっぱい詰まっています。

Img_1415

とにかく春がいっぱいです。

Img_1417

あら、干し柿おいしそう。
Img_1408

ファボーレへお越しの際は、ぜひ正面玄関からお入り下さいませ。
16のガーデンがお迎えしています。

Img_1410_2

2017年2月 3日 (金)

春よ来い来い。

ついこの間お正月だったと思ったら、もう節分ですね。
月日の経つのが本当に早く感じられる今日この頃です。
今年もきっとあれよあれよの間に過ぎていくのでしょう。
節分の豆は歳の数だけ食べると言いますが、いつの間にか随分とたくさん
食べることになりました。

古い話になりますが、昨年の秋、秋まきの種を適当な時期に播きそびれて
しまいました。気付いたら11月も終わりの頃。自宅で一か八かでニゲラの
種を鉢に播いて、もう発芽には寒すぎたので室内で様子をみることにしました。

ニゲラの種のまき時は9月~10月ですが、無事に発芽しました。

が、現在の様子です。
Img_1380_2

光を求めてひたすら窓側に傾き、徒長してしまいました。
いくら明るくても、室内ではやはり日照不足のようです。

そんなに太陽さんが好きなのね、と、いじわるな私は途中で方向転換を
させてみました。

Img_1377_2

根元から傾くのかと思っていたら、くの字に曲がってしまいました。
一度曲がった方向は変わらないようです。
ということは、もう1回ひっくり返したら、ジグザグになるのだろうか・・・。

いえいえ、もうやめときます。ただでさえ過酷な環境下で育っているのに
まだそんなことするなんて、酷すぎますよね。

ニゲラは耐寒性は強いですが、今、屋外に出したら一気に枯れてしまい
そうで、出せません。
徒長すると、病気や害虫に対する抵抗力も弱るといいます。
かわいそうなことをしました。

種まきの適期を守ることは大切ですね。

冬将軍の到来などでしばらく見ないうちに、ビオラも咲いてきました。

Img_1391

春よ来い 早く来い~♪

明日は立春です。

2017年1月10日 (火)

明日は冬将軍が到来するようです。

本日の午前中は、束の間の青空が見えました。

Img_1373

空を見上げてから、ふと、足下のプランターを見ると・・・
11月に植えたチューリップが顔を出しているではありませんか。

Img_1370

Img_1371

春が近づいてるな~という実感をよそに、向こう一週間のお天気予報は
snowマークが続いています。チューリップにまだ早いよと教える術はないものでしょうか。。。

氷点下の最低気温も久しぶりです。
なんだか緊張するなあ。。。

2016年12月27日 (火)

今年も残すところ、数えるほどとなりましたね。

いつの間にか庭のロウバイが、ひっそりと咲いていました。

Img_1366

今年も数々のコンクールや大会など、無事に終えることができ、ありがとう
ございました。
月日の経つのが早すぎて、1年を振り返ってみてもよく覚えてないくらいですsweat01
年々早く感じてしまうのはなぜでしょうか・・・

皆さんはどのような1年でしたでしょうか。
「振り返る」という作業は、とても大事なことだそうです。

今年の念頭のブログを見返してみたら、「とりあえず富山マラソンをがんばる」
と、恥ずかしながら書いておりましたっけ。
結果、その「とりあえず」の目標も達成できず、私にとって2016年は、なんだか
モヤモヤしたまま終わろうとしています。
さて、2017年の目標を、お正月休みの間に考えたいと思います。

花と緑の銀行は明日、執務納めとなります。

よいお年をお迎えください。

2016年12月 6日 (火)

ステップアップ研修 閉講式

11月30日(水)

今年度のステップアップ研修も、いよいよ最後の日となりました。
4月の開講式の日がついこの間のような気がします。あれから
もう8ヶ月も経ったのですね。

まずは、これまでの研修を振り返ってのまとめをしました。

Img_1322_2

Img_1323

写真でこれまでの花壇を振り返って、うまくいかなかったところは
どうしてだったのか。これからはどうすべきかなど、改めて復習をしました。
花壇実習だけでなく、有毒植物についてや栽培してはいけない植物などの
講義もありましたね。

閉講式では、定村専務理事からお一人ずつに修了証を手渡されました。

Img_3802

4月には初対面だった皆さんも、回を重ねるごとにうち解けられ、
「研修に来るのが楽しみだった」「皆に出会えてよかった。人付き合いの
勉強にもなった」という声も聞かれました。
皆さん研修が終わってしまうのが本当に残念そうでした。

ここで学ばれたことを活かして、それぞれの地域を花いっぱいに
してくださいね。

Img_3813

おつかれさまでした。

2016年11月21日 (月)

新任頭取・グリーンキーパー研修

11月18日(金)、今年度最後の新任頭取・グリーンキーパー研修を行いました。

今回は2単位分の講座です。婦中町のファボーレホールにお集まりいただきました。

午前中の1単位は、
園芸療法ネットワーク富山代表の水牧貴子さんによる
『花壇づくりのポイント』
Img_1291_2

と、
農学博士の名畑清信さんによる
『花の病害虫の見分け方と防除』
Img_1296

午後からの1単位は、

小矢部市北蟹谷地方銀行の川原俊昭頭取の活動事例報告。
Img_1304

と、
普及研修部の山本部長による
『本年度の花のまちづくりの取り組みについて』
Dsc00692

講座ののち閉講式をし、小矢部市の宮島地方銀行の頭取
赤坂久正さんが、代表して修了証を受け取られました。
Dsc00727

5単位のうち、3単位以上受講された方に修了証を発行しました。
「修了証をもらえんかったらグリーンキーパーやめんなんがですか?」
と時々聞かれますが、決してそんなことはありませんよ。3年ごとの
更新時に現任研修というのもありますので、もらわれなかった方も、
引き続きよろしくお願いします。

新任の皆様、たいへんおつかれさまでした。



2016年11月17日 (木)

花壇実習 最終回

11月16日(水)、第13回目の花壇実習を行いました。

5月25日に植栽してから約半年間、たくさんの人の目を楽しませて
くれた花たちを、撤去する日がきました。

Img_1246

それぞれの花をどう処理するかを、島先生に解説していただいてから
作業開始です。

Img_1260

撤去の際の重要ポイントは、株分けです。

特にカンナは、根元に花の色と同じ色のテープを巻き付けておくと
後々わかりやすいです。
Img_1248

花壇全体のシンボルのようだった3班のカンナもあっという間に
なぎ倒されてしまいました。
Img_1263

株分けの仕方も教わりました。
球根を上手に冬越しさせると、来年も咲いてくれます。
Img_1265_2

霜が降りるまでまだまだ見頃のベゴニアです。
まるで、今から植えるかのような苗ですね。
Img_1273

根っこや葉っぱもきれいに取り除きます。
Img_1271

来年のために腐葉土をたっぷりすきこんで、
Img_1272

できあがりです。
Img_1274

Img_1280

今年は13回の実習がありましたが、雨の日がほとんどなく、
台風で倒れるようなこともなかったですね。
回数を重ねるにつれて花が育ち、皆の親睦も深まって、だんだん
研修が楽しくなったという方がたくさんおられました。

梅雨時や夏場に思うように育たない時でも、植え替えなどして、
なんとかきれいな花壇を見てもらおう!という皆さんの気持ちに
私も勉強になりました。

うまくいったことも、失敗したことも、来春以降にそれぞれの
地域の花壇で活かしてくださいね。

11月30日に閉講式をします。

2016年11月 1日 (火)

入賞作品展やってます。

中央植物園のサンライトホールにて、今日(11月1日)から11月16日まで、
今年度の花と緑のコンクールの入賞作品展をやっています。

花のまちづくりコンクールの入賞花壇の写真展示、また、小・中・高校生対象の
花と緑のポスター原画コンクールと標語コンクールの作品を展示しています。

Img_1241s

ポスターは3804点、標語は1862点の中から選ばれた素敵な作品が
いっぱいです。

Img_1236s

ぜひご覧下さい。

2016年10月28日 (金)

花壇実習⑫

Img_1166

10月26日(水)、第12回目の花壇実習を行いました。

いつの間にか秋もずいぶんと深まり、花壇の衰えも進みました。

でもまだ撤去ではありません。
あと3週間だけお客様に見ていただくために、今回は延命処置と
いうところです。

ここにきて、まだまだ元気いっぱいなのがベゴニア。
秋が深まるほど、こちらの色も濃くなるようです。
Img_1157

ベゴニアを植えた班は、夏の間は思うようにならず、ずいぶんと
苦戦しておられましたが、後から得した気分ですよね。

カンナもこれからのつぼみが。まだまだいけるgood
Img_1168

逆に夏の間に旺盛だったマリーゴールドやトレニアは息絶えて
しまいました。
Img_1163_2

高性種のマリーゴールドが、なんか調子悪いと思っていたら、
引き上げた後の土にちっちゃいかたつむりがたっくさん。
これが悪さをしていたのです。
Img_1187
この場合は、なめくじの薬が効くそうです。

もうちょっこがんばれよーと言いながら、咲き終わった花を摘む
皆さんです。
Img_1171

Img_1173

Img_1174

どうぞ遠目でご鑑賞ください。
Img_1181

作業の後のミニ講座は、『こけ玉を作ろう』の時間です。

Img_1210_2

土やこけを巻き付けるのに、苦労しておられました。
Img_1225

自分で作ったこけ玉は、愛情もひとしおです。

Img_1223_2

外のお花がなくなっても、お家の中で緑が楽しめますね。

ちなみに以前にみんなで種まきをしたビオラは
順調に育っているようです。
Img_1145

次回は11月16日(水)。
いよいよ花壇を撤去します。








2016年10月14日 (金)

第44回 花と緑の大会

10月12日(水)、富山県民会館にて、第44回花と緑の大会を開催しました。

今年度の花と緑の功労表彰を受けられた方と、花のまちづくりコンクール、
ポスター原画・標語コンクールで上位入賞された方の表彰式を行いました。

Cimg1839

Cimg1844

受賞された皆様、おめでとうございました。
今後も富山県が花と緑でいっぱいになりますよう、宜しくお願い致します。

表彰式のあとは講演会です。
埼玉県より、南大塚都電沿線競技会の小山健会長にお越しいただき、
『私たちの活動と、これからの花のまちづくりへ』と題し、講演していた
だきました。

Cimg1870

10年前は荒れ放題だった街を、「バラの街大塚」へと導かれ、その活動の
内容をご紹介していただきました。
パラの香りの漂う大塚の街へ、ぜひ行ってみたいですね。

たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

«花壇実習⑩