2020年9月26日 (土)

花壇実習⑧

9月23日(水)、第8回目の花壇実習を行いました。

ここのところ、急に朝晩肌寒くなりましたよね。
寒暖差のおかげで、花の色が濃くなってきたように思います。

コキアが内側からうっすらと赤色に紅葉してきました。
Dscf3551

どの花壇も枠からはみ出して、あふれんばかりです。
Dscf3559

Dscf3573

カンナにも支えの棒が必要になってきました。
Dscf3565

今年はまだ台風の被害がないのが幸いです。

2班さんの虹です。
研修の度にお隣との境目を剪定されてきたので、とってもきれいですね。
Dscf3567

4班さんのクレオメは、こぼれ種なのに、最初からデザインされていた
みたいです。違和感がありません。
Dscf3562

花壇実習の終了までもう1カ月ちょっと、頑張って咲いてもらいたいですね。

Dscf3571

さて、作業の後のミニ講座は、今回は見る実習です。
ハンギングバスケットを、島先生が実演してくださいました。
Img_7528

あっという間に、このような素敵なハンギングバスケットが
出来上がりました。
Img_7532

バスケットの中の土の量に対して、植物の量が多いのでは?
という質問がありましたが、土の中で、根っこがうまーく馴染んでいくそうです。
不思議ですね。

次回は10月7日(水)です。
秋がいっそう深まっていることでしょう。

 


 

2020年9月 3日 (木)

花壇実習⑦

9月2日(水)、第7回目の花壇実習を行いました。

今年は殊のほか残暑が厳しいですね。いつまで続くのか。。
週間天気予報でも、気温が30度を下回る日が1日も見当たりません💦

そんな中、本日は全員出席。
皆さん元気で何よりです!

Img_7401

Img_7423

管理通路が埋まってしまって、真ん中の方のお手入れが大変に
なってきました。
Img_7419

Img_7421

当初は、黄色のジニア・プロフュージョンの生長が今一つで、
株間が埋まらなくて苦労していたんですが・・・
(8月5日)
Img_7197

今ではそんな心配もどこへやら・・・
ぎっしりになりました。
Img_7412 

4班さんのハゲイトウが、そろそろ終盤になってきましたが、
実は早い時期に、クレオメのこぼれ苗を周辺に仕込んでおいたので、
代替わりの時期になりました。
Img_7431
台風が次々と発生していますので、支柱を立てて備えます。
Img_7439

コキアは丸々と太って良い感じ。
散髪して、スッキリと。
Img_7432

サルビア類やベゴニアは今は元気がありませんが、秋になると
盛り返してきますので、花がらを摘んで、その時を待ちます。
Img_7444

全体に緩効性の肥料を与えました。
根元にまくのが大変ですね。
Img_7433

Img_7426

人もお花も、暑さにもう少し辛抱ですね。

作業の後、
今さらながらですが、一人ずつ自己紹介をしていただきました。
Img_7467

思えば、6月の開講式の時はすべてを手短に済ませなければならず、
自己紹介も中止しました。このままでは、最後までどんな方達と一緒に
研修をしていたのか、わからずじまいで終わるところでしたね。

皆さんの普段の花づくりの活動などをお話してくださいました。

さあ、その後は、
島先生のミニ講座です。
今回は、「ビオラの種まきをしよう!!」の巻です。

Img_7469

こんなに暑いのに種まき?
と思いますが、パンジーやビオラはすでにまき時なのです。
今回は2色のビオラの種をまきます。
Img_7470

とにかく小さい種に四苦八苦。
Img_7474

Img_7477

Img_7475

ちょっと密ですが、どの班もまきながら、誰が持ち帰って管理するのかを
議論中です。

紙と鉛筆を使うとラクですよ。
Img_7478

鉛筆でつんつんして覆土しました。
Img_7484

1カ月ほど自宅で管理してもらって、10月に入ってからポットに植え替えます。
何しろこの暑さなので大変ですが、よろしくお願いします。

次回は、9月23日(水)です。

 

2020年8月20日 (木)

花壇実習⑥

「暑いですね」があいさつ代わりの今日この頃です。
気温が32度とかなら、ちょっと涼しいような気がしてしまうという
おかしなことになっているのは私だけでしょうか?

8月19日(水)、第6回目の花壇実習を行いました。

気付けば、後ろのパンパスグラスに穂があがっていましたよ。
Img_7297

それぞれの株がだいぶ大きくなってきました。
マリーゴールドやジニア・プロフュージョンなどは、大きくなると
倒れかかって割れ目ができてきます。
Img_7291

切る場所を再度確認して、草丈を低くするように剪定をしました。
Img_7295

カンナが予定通りの大きさに育ってくれました。
Img_7288

実は下の写真のカンナは、植え付け時は上の写真の苗と同じものだったんですが、
どうしたことでしょう。まるで様子が違います。
Img_7326
はしっこで、肥料が行き渡らなかったのでしょうか?

2班さんの『立山に虹』花壇の虹がとってもステキになりました。
立山に見立てたコキアも姿を現しました。
Img_7302 
一色毎の間が、風通しが良くなるように剪定しました。
 Img_7319

ベゴニアはがまんの時です。
葉っぱが焼けたようになっています。
Img_7317

秋になったら、本領を発揮してくれるはず・・・
Img_7286

こぼれ種のマツバボタンが管理通路にびっしり。
Img_7355
これでは歩けませんね💦

今日は最盛期の花壇を前に、記念写真を撮りました。
0819b

暑い中、おつかれさまでした💡

本日の研修は、2部構成です。
作業の後は、中央植物園の中田園長より、
『植物を安全に楽しむために』と題して講義をしていただきました。

Img_73293

有毒植物についてや、栽培してはいけない植物について、
詳しくお話をお聞きしました。

身近なところにも色々な有毒な植物があります。
地域や学校・保育園等の花壇に携わるグリーンキーパーさんにとって
とても大切な知識ですね。

次回は9月2日(水)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月 6日 (木)

花壇実習⑤

8月5日(水)、第5回目の花壇実習を行いました。

梅雨の長雨の後は、灼熱地獄が待っていましたね。
天気予報の35度という数字にも、だんだん見慣れてきてしまいました。

花にとっても厳しい暑さです。
今日もお手入れのポイントを確認して、作業を始めました。

Img_7171

暑さに弱いベゴニアは、やはり生育が停滞気味です。
手前の2つのように身軽にしてあげました。暑い時はなるべく花に負担を
かけないように・・
Img_7176

ぎゅうぎゅう詰めの部分はカットして風通しをよく。
Img_7186

Img_7210

2週間前に挿し芽をしたイポメアは、しっかりと根付きました。
この暑さの中で、たくましさを感じます。
Img_7195

今年もこぼれ種のマツバボタンが、株間を埋めるのを手伝ってくれています。
Img_7200

ハゲイトウが燃える炎のようです。
Img_7174

これだけ生長してくると、お手入れのしがいがありますね。
Img_7183

Img_7181

Img_7192

さて、作業の後の今日のミニ講座は、

『ハイドロカルチャー』(水耕栽培)をしよう!です。
Img_7222  

土の代わりに「ハイドロボール」(粘土を丸めて高温で焼いたもの)で
栽培します。中にミリオン(珪酸塩白土)を入れて、根腐れ防止をします。

Img_7231

Img_7225

テーブルヤシとトラデスカンチア、根元に貝殻をあしらって、
涼しげな一鉢ができました。

Img_7236

玄関先にあると素敵ですね。

次回は、8月19日(水)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年7月23日 (木)

花壇実習④

7月22日(水)、第4回目の花壇実習を行いました。

22日なら梅雨も明けているかな?と前回は思っておりましたが、
まだですねー。本当に今年の梅雨は長いですね。

しかし、いつもながらステップアップ研修の本日は晴れ☀です!

Img_7069

Img_7100

途中経過報告では、極めて良好とお伝えしたコーラルピンクの
ジニア・プロフュージョンが、突然枯れました。
Img_7083

根っこは黒ポットの形のままグルグルしていたので、植える時にもうちょっとほぐしたら
よかったのか・・・はたまた、生長が良すぎて蒸れてしまったのか・・・はたまた病気
なのか・・・わかりません。しゃべってくれたらいいのですけどね。
ちょっと間が空いてしまいましたが、残りの苗に伸び伸びとがんばってもらいたいですね。

Img_7114

お花の生長とともに、作業の量も増えてきました。

Img_7090

Img_7094

Img_7096

長雨の影響で不調のベゴニアは、蒸れを少しでも軽減するために
スッキリさせました。これでなんとかジメジメを凌いでほしいです。
Img_7073

今年はどういうわけか、どの班も黄色のジニア・プロフュージョンが不調です。
なかなか大きくならないので、間にマツバボタンやメランポジュームなどの
ありったけのこぼれ種の苗を移植しました。
Img_7122

消滅したガザニアの跡にも、救世主のイポメアを。
Img_7117

すぐに新しい苗に植え替えるのではなく、あるもので工夫することも大切です。

混みあってきたところは切り戻しをして、お隣さん同士少し距離を。
お互い快適に過ごすために、ここにもソーシャルディスタンスが必要ですね。
Img_7120

最後に、病気予防として殺菌剤を、ジニアやマリーゴールドなどの株元の茎葉に
ていねいに散布しました。
Img_7107

作業の後のミニ講座は、今回は石黒普及研修部長の土づくり講座です。
Img_7126

土づくりをする前の4月頃の実習花壇の土で、土壌のPH測定をしました。

容器に土を入れて
Img_7132

蒸留水を入れてシャカシャカします。
Img_7134

ピートモス、石灰、花壇の土、3種類を試しました。
Img_7137

少し置いて、リトマス試験紙を上澄み液につけると、
Img_7138

石灰はアルカリ性を示す色に。
Img_7141

ピートモスは酸性に。
そして花壇の土は、どの班もだいたい6ぐらいの色を示しました。
Img_7142

地域の花壇の土も調べてみてください。酸度調整の目安になります。

Img_7144

次回は8月5日(水)です。
体調管理に気を付けてお過ごしください。

Img_7125

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

2020年7月15日 (水)

途中経過のご報告

雨がよく降りますね。

梅雨だから仕方ないですが・・・。

7月1日のステップアップ研修から、はや2週間が経過しました。
これまでだいたい2週間に1度のペースで研修を行っていますが、
今回は3週間空くので、2週間経った今日の様子をお届けします。

7月1日はこうでした。
Img_6966_20200715145001

今日(7月15日)はお花畑になっていました。
Img_6985

1班の「かがやきの庭」花壇
Img_7000

一層こんもりとなりました。
Img_7001

左側の赤いガザニアが、完全に消滅しました。
Img_7005

アメリカンブルーは順調ですが、1株だけ根元が蒸れているみたいです。
Img_7004

2班の「立山に虹」花壇
Img_7008

Img_6989

だんだんと虹ができてきました。

右端がまだスカッとしていますが、梅雨時に立ち枯れしやすいニチニチソウ
はうまくいっているみたいです。

ジニアがんばれ!!
Img_6990

3班の「ほっこり月」花壇
Img_7012

カンナもだいぶ大きくなりましたね。次から次へと花が咲いています。
白とオレンジのほっこりとした月が、だんだんと出来てきました。
Img_6994

夜空を表わすアメリカンブルー、トレニアも順調です。
Img_7015

4班の「花の河」花壇
Img_7016

Img_6996

奥の方からベゴニアの河が流れてきております。一見、順調そうですが、
よく見ると、根元が腐ってぐちゃぐちゃながです。
長雨で、無理もないですね。
Img_7017

ベゴニアに関しては、どの班も同じ状況です。息絶えられたらどうしましょうか・・・。

こう雨が多いと、水やりの手間は省けますが、植物にとっては良し悪しですね。

ここもジニアがんばれ!!
Img_7021

5班の「富山県」花壇
Img_7023

コーラルピンクのジニア・プロフュージョンが極めて良好です。
Img_6997

バックも整然としています。
Img_7024

ここもベゴニアが、イタタタター です。
Img_7026

 

というような感じです。

熱心にカメラを向けられるお客さまもいらっしゃいました。
Img_7042

毎年楽しみにしてくださっているお客さまもいらっしゃいます。

日に日に生長していますので、1週間後の研修を楽しみにしていてくださいね。

以上、ご報告でした。

 

 

 

 

2020年7月 2日 (木)

花壇実習③

7月1日(水)、第3回目の花壇実習を行いました。

連日雨☔の予報でしたが、なぜか合わせたように、この日の午前中だけ晴れ!
島先生の晴れ男ぶりは、今年も健在です!

作業に入る前に、花の種類ごとに花がら摘みのポイントを確認しました。
Img_6923

強い雨の日が何度かありましたので、また土が跳ね上がって葉っぱにこびりついて
いないか心配だったのですが、前回のマルチングの効果がバッチリと出ていましたよ。

根元が美しいです!
Img_6831

Img_6836

サルビア類は2週間でこんなに回復していました。
6月17日
Img_6808
 ↓
 ↓
7月1日 
Img_6918

花がら摘みの後、どのくらいの期間で花が回復するか確認するのも研修のうちです。
例えば、花壇コンクールの審査日から遡って何日前に花がら摘みをすればよいか、
お盆にたくさんお客様が来られるという場合には、いつ頃花がら摘みをすれば最高の状態で
見てもらえるのか、など。花の種類によって回復の期間が異なりますので、ぜひこの研修の
機会に実験をしてください。

植え付けから約1カ月経ちました。
恵の雨も手伝ってか、生長は順調です。
Img_6927 

「咲いとる花摘むががかわいそう」という声が聞こえてきました。
ごもっともですが、次の蕾がきっとがんばってくれますので、ここはひとつ
思い切って!!

Img_6932
 
株間がもうこんなに埋まってきています。
Img_6919
Img_6924

何を相談されているのでしょうか・・・。
Img_6942

ベゴニアの講習会でした。
Img_6943

どの花を摘めばよいか、聞いてもすぐ忘れるがやちゃ。
わたしも前回聞いたのに、あれ?どれやったけ?という感じです。

ハゲイトウには支柱が必要になってきました。
Img_6930

全体的に成長がイマイチな、黄色のジニア・プロフュージョンには
肥料を施しました。
Img_6935

次回の実習まで、一段と生長してくれることを期待しましょう。
Img_6966

作業の後は、島先生のミニ講座。
今回は、病害虫に対する適切な薬剤の使い方について。
Img_6970

薬剤を使う際のポイントや、注意しなければならない点を学習しました。

次回は3週間後、7月22日(水)です。
無事に梅雨が明けていますかな?

 

 

 

 

 

2020年6月17日 (水)

花壇実習②

6月17日(水)、第2回目の花壇実習を行いました。、

植え付けから2週間。今回からは花がら摘みを中心に作業を進めていきます。
花壇へ行く前に、ポイントを予習しました。

Img_6771

それぞれの花の摘む位置を、しっかりと確認しました。

Img_6768

さあ、花壇へ。

Img_6772

Img_6774

2週間前の植え付け時から花苗は一回り大きくなり、生長は順調に見受けられますが、
実は3日前の大雨が土をはね上げ、葉っぱにびっしりとついてしまっていました。
Img_6779Img_6789

ハゲイトウがひとつ、息絶えました。
Img_6788

花にとっても梅雨は正念場。なんとか乗り越えてもらいたいものです。

ベゴニアの花がら摘みはなかなか悩ましいので、相談しながらですね。
Img_6786

Img_6792

最初は難しいかもしれませんが、直に慣れられますよ。

Img_6782

Img_6790

今日の作業はもうひとつ。

マルチングをしよう!の巻きです。

マルチングの方法はいろいろとありますが、今回はたい肥を使用しました。
苗の周りに敷き詰めました。
Img_6797

マルチングには、土の乾燥防止、雨による土のはね上げ防止、雑草防止など
いろいろな効果があります。

Img_6798

地面が黒っぽくなることで、花の色が一層引き立ちますね。
Img_6799

来たる金曜日も雨の予報です。効果を発揮してくれますように!

梅雨の合間のさわやかな日の実習となりました。
Img_6801

作業の後は島先生より、色彩や生長時の草丈を考慮した花の組み合わせのポイントや、
夏花壇にふさわしい花について、現物の花苗を用いてわかりやすく、いろいろと紹介して
いただきました。
Img_6829
Img_6818

次回は7月1日(水)です。
また元気にお会いしましょう!

 

 

 

 

 












 

 

 

2020年6月 3日 (水)

ステップアップ研修を行いました。

ようやく頭取さん、グリーンキーパーさんを対象とした今年度のステップアップ研修の
開講式を行うことができました。

Img_6634

いつもなら、お一人ずつの自己紹介などをゆっくりとお聞きするところなの
ですが、それも省略させていただきました。とにかく長時間にならないよう手短に。

簡単な説明の後、早速、第1回目の花壇実習を行いました。
講師は、今年もお世話になります、射水市の島種苗店の島道雄先生です。
Img_6641  

まとまっての説明も、なるべく密にならないように、遠目からとお願いしました。
Img_6645

本来なら、自分たちで考えたデザインで、花苗も好みのものを選択してもらうの
ですが、何せこのご時世で、その時間を省かざるを得ませんでした。
今年度はこれまでの代々の受講生の方が考えたデザインの中から5つを選抜する
ことになりました。

先日、石灰と腐葉土で土づくりは済んでおりますので、今日は緩効性の化成肥料を
施しました。
Img_6653

図面を見ながら、まず管理通路をつくります。
Img_6657

次に、とりあえず花苗を置いてみます。
Img_6664_20200603151001

Img_6659 

始めて見るデザインですので、何せ頼りはこの図面だけです。
Img_6660

植える位置が決まったら、植える穴にたっぷりと水を沁み込ませて、
Img_6665

植えます。
Img_6666 

皆さん今日が初対面のはずですが、すでに和気あいあいな雰囲気で、
着々と作業が進んでいきました。
Img_6671

Img_6672

今日も30度近くありましたので、マスクをしながらの作業はちょっと
辛かったですね。

花植えが完了したら、花がら摘みのポイント。
摘む位置がとても大切です。
手元を見るためには、ちょっと密になってしまいますね。
Img_6677

無事に完成しました。

1班「かがやきの庭」
Img_6689

2班「立山に虹」
Img_6691

3班「ほっこり月」
Img_6692

4班「花の河」
Img_6694

5班「富山県」
Img_6696

さて、しばらく30度近い日が続きそうですので、花苗にとっては
試練ですね。もちろん私たちもですけど。

次回は2週間後、6月17日(水)です。
また元気にお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年5月17日 (日)

土づくりを行いました!

花壇づくりに好適な季節になりましたが、集まっての作業がなかなかできない中、
頭取・グリーンキーパーのみなさまはいかがお過ごしでしょうか。

富山県では15日から昼の外出自粛が解除され、活動再開に一歩近づきました。

今年度のステップアップ研修は4月~5月の講義と実習が中止となり、出鼻を
くじかれましたが、6月3日に予定している第一回目の花壇実習で、すぐに花苗を
植え付けできるように、スタッフの方で実習花壇の土づくりを行いました。

まずは、6つの花壇の土を丁寧に耕しました。
Img_6617

そして、石灰を各花壇に700gずつ施しました。
Img_6621

次に腐葉土。
30ℓを2袋ずつ。
Img_6622

普及研修部の石黒部長と、研修担当の高田専門員。
息ピッタリです。
よ~く混ぜ込んで、フカフカにしました。
Img_6627

重労働のお二人に比べ、わたしは写真撮影だけでスミマセン💦

あっという間に(というわけではありませんでしたが・・・)
できあがりました。
Img_6628

花壇の場外に、ひっそりと、こぼれ種から芽が出たハツユキソウが
寂しそうでした。早く花壇に入れてあげたいですね。
Img_6631

準備はできました。
無事に研修ができることを祈って、感染予防対策をもう少しがんばりましょう。



 

 

«芽が出ました。