2017年9月15日 (金)

花壇実習⑩

9月13日(水)、第10回目の花壇実習を行いました。

早くも10回目を迎えました。

毎回花がらをほとんど摘んでいるのですが、2週間後には
このように花畑です。

Img_2611

まだまだ回復力がありますね。

Img_2626_2

コキアが芯の方から少ーしずつ、赤く色付いてきています。
Img_2612

「手前を低く、奥の方を高く」の法則もうまくいっていますね。
Img_2629

Img_2617

Img_2628

トレニアは、つぼみと花がらの区別が本当につきにくいので、
よーく観察して切ります。が、実際のところはそんなにじっくり
してられないので、ちょっとくらいつぼみを切ることもあります。

Img_2646

今話題の「パンパスグラス」と秋の空をバックに記念写真を撮りました。
Img_2650

作業の後は、種まきのミニ講習です。
Img_2660

「ビオラ」と「葉ボタン」の種です。

ピンセットを使ったり、
Img_2665

紙を使ったり、
Img_2674

手でがんばってみたり、
Img_2667

それぞれやりやすい方法で。
あんまりちっちゃい種なので、「もうちょっこし大きい種のがないがけ?」
との声も聞かれましたが、今はこれが蒔き時なのです。。。
ちょっと目を離したら、どこまで入れたかわからなくなるくらい小さな種です。

Img_2671_2

分担して持ち帰り、3週間後の次回に再度持ち寄って、ポットに
鉢上げする予定です。





2017年9月 1日 (金)

花壇実習⑨

9月に入りました。
朝晩は随分と涼しくなって、虫の声にも秋の訪れを感じますね。

もう先月のお話になりましたがsweat01
8月30日(水)、第9回目の花壇実習を行いました。

Img_2560

いい具合に雨が降ったからか、ここ1ヶ月でお花たちがぐんぐんと
生長しました。例年、この花壇の見頃は8月始め頃なのですが、
今年は8月終わり頃に見頃になりました。

例えば、

「ポーチュラカ」
1ヶ月前には地面にへばりついて、これ以上伸びないのかと
思っていたのですが、
Img_2414

現在は、
横にも上にも伸びて、ふわふわです。
Img_2563

それと「ジニア・プロフュージョン」
1ヶ月前は、なかなか株間が埋まらず・・・
Img_2375

現在は、
Img_2584_2

こぼれ苗のマツバボタンも手伝って、株間がギッシリです。
後ろのコリウスも心配していたのですが、だいぶ大きくなりました。

これからの季節は、あまり強く切り戻すと回復に時間がかかる
ため、終わった花を摘むくらいにしました。

Img_2562

Img_2565

背の高いものがいよいよ倒れ始めたので、縛ったり、支柱を施しました。

Img_2592

この後も、台風などの被害なく、すてきな秋色花壇になりますように。

Img_2572

作業の後、島先生よりハーブについての解説と、レモングラスと
ミントのハーブティーをごちそうしてくださいました。
Img_2605

Img_2604

これくらいの量で、20人分は作れました。
とってもさわやかでホッとできますよ。

次回は9月13日(水)です。







2017年8月 2日 (水)

花壇実習⑦

8月2日(水)、第7回目の花壇実習を行いました。

朝から暑くなりそうな気配。
いよいよ夏本番というところです。

花壇も見頃。
今日もひたすらお手入れをしました。

Img_2425

株間もすっかり埋まってきました。

Img_2418

Img_2428

Img_2424

Img_2420

アゲラタムがやっぱり不調です。
前回移植したこぼれ種のマツバボタンが大分大きくなってきましたが、
まだ代役を果たすまでにはなっていませんね。
Img_2402

そうかと思えば、6班のアゲラタムは好調なのです。
Img_2415

同じ分量で土づくりをしているのに、不思議ですね。

それと、葉ゲイトウ。
枯れもしないけど、大きくもならない。
Img_2412

Img_2413

後方で、存在感を表してほしかったのに、かわいらしすぎるsweat01
矮性の品種だったのだろうか・・・。
花も、なんだか気むずかしいというか、思い通りにならないことが
多いです。そういえば、梅雨の豪雨や高温など、年々激しくなる
気候のせいもあるのかもしれませんね。

株間がさみしいところには、サルビア・コクシネアのこぼれ苗を
移植しました。
Img_2441

Img_2443

暑さに負けず、がんばってほしいです!

元気な受講生さん達です。
Img_2450

作業の後は、「ハイドロカルチャー」もしました。
土を使わず、ハイドロボールに植え付け、ケイ酸塩白土
で水も腐らず、清潔に育てることができます。
Img_2459

足下に貝殻やガラス玉をあしらって、涼しそうでしょ。
Img_2461

夏の玄関などにピッタリです。

Img_2475

Img_2471

次回は8月16日(水)です。

2017年7月19日 (水)

花壇実習⑥

7月19日(水)、第6回目の花壇実習を行いました。

今日のお手入れ前の花壇です。
Img_2258_2

2週間前の切り戻しの成果です。
盛り盛りですね~。

Img_2273_2

今回もまず、ひとつひとつお手入れ方法を確認してから
作業を開始しました。

Img_2288

Img_2297

Img_2306_2

コキアは順調で、まわりとバランスがとれるよう刈り込まれました。
Img_2276

例年、今頃は立ち枯れたり、梅雨の長雨に負けちゃったりして
調子が悪いはずの「ベゴニア・センパフローレンス」が、1株も
立ち枯れることなく、なんだかつやつやで元気なんです。
Img_2295

その反面、今頃は元気バリバリのはずの「マリーゴールド」に、
調子が悪い部分があるのです。
Img_2265_2

「ガウラ」もなかなか花が上がってきません。
Img_2267

どうしたことでしょうか。。。。

株間がなかなか埋まらないところには、こぼれ種で出てきた
マツバボタンやニチニチソウなどを補植しました。
Img_2293

Img_2324

「大きくなられや~」と祈る思いで、液肥も与えました。
Img_2309

スイートバジルは生育旺盛で、後ろのセンニチコウを隠してしまう
勢いだったので、
Img_2261

スッキリと刈り込まれました。
バジルのい~香りが漂っています。
けっこう背丈が大きくなるので、後部の方がよかったかもしれませんね。
Img_2327

次回は8月2日(水)です。
補植の成果がありますように。
きっと梅雨が明けていますね。

Img_2336









2017年7月11日 (火)

現任頭取・グリーンキーパー研修(県中央部編)

7月10日(月)

東部、西部についで、今度は県中央部での現任頭取・グリーンキーパー研修
を行いました。富山市・上市町・立山町の方々に、富山市の市民プラザに
お集まりいただきました。

Img_2247

今回は、横浜市よりNPO法人日本園芸療法研修会の澤田みどり先生に
お越しいただき、『園芸療法』について講演していただきました。

Img_4134

普段、植物の顔色を見ながら園芸活動を行っている私たちですが、
障害や病をもつ人、何らかの課題を抱え日常生活が困難な人にとっては
その逆で、その人の能力に合わせて植物や作業の種類等を選びます。
植物の人の心を癒す力や、人の心に喜びを与える園芸作業の性質を
上手に利用して、リハビリ等に活用します。

ざっくり言うとそんな感じですが、もっともっと奥深いお話です。
グリーンキーパーさんの中にも、普段、介護をされておられる方も
おられ、とても参考になったという意見もありました。

富山県内での園芸療法の活動の紹介もありました。
Img_4142

県内でも、園芸療法の活動がどんどん広がればいいですね。

たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

2017年7月 8日 (土)

花壇実習⑤

7月5日(水)、第5回目の花壇実習を行いました。

前回、2週間後に花壇コンクールがあると想定しながら、
花がら摘みや切り戻しをした結果、

Img_2194

花数も増えてこんもりと良い感じになりましたよ。

Img_2201

でもちょっと具合の悪いところも。

サルビアの一部が立ち枯れてしまいました。
Img_2184

アゲラタムもなんだか元気のない様子。
Img_2192

堀上げて見てみたら、やっぱりあまり根っこが伸びていません。
Img_2187

ハゲイトウも芳しくなく、根っこを確認。
ほぐして植え直してみましたが、果たして復活してくれるでしょうか。
Img_2220

同じ種類の苗なのに、株によって大きさが様々という現象も
あちこちで起きています。
Img_2231

植え付けする際の根のほぐし方などに差があったのでは・・・
もしや、深植えしてしまったのでは・・・
いろいろな原因が考えられます。
Img_2230

なめくじ退治の薬をまいたおかげで、メランポジウムが復活しました。
Img_2199

手前が低くなるように、思い切って剪定しました。
Img_2196

Img_2211

Img_2205

Img_2219

Img_2218

お手入れされてスッキリしました。
梅雨時の豪雨や高温による蒸れをなんとか乗り越えて
ほしいですね。

Img_2243

次回は、7月19日(水)です。

2017年7月 5日 (水)

現任頭取・グリーンキーパー研修(県東部編)

7月4日(火)

現任頭取・グリーンキーパー研修を行いました。
今度は県東部(滑川市・魚津市・黒部市・入善町・朝日町)の方々を対象に、
黒部市のコラーレにお集まりいただきました。
朝から降り続いていた雨も、あら不思議、午後にはパタリと止みました。

長野県飯綱町でペンションを経営しておられ、日本花の会花のまちづくり
アドバイザーでいらっしゃる清水恵子先生に講演していただきました。

テーマは
~花と緑のふるさとライフ~
 『感動は作り出すもの』

Img_2175

「あなたの思い出の中で、初めての花の記憶は何ですか?」
という問いかけに、私も思わず、幼い頃の花との出逢いに思いを馳せました。

Img_2181

長野県や飯綱町の花と緑の活動についてや、全国の素敵なガーデンを
紹介していただきました。ご自身が花と出逢われ、オープンガーデンを
されるまでのエピソードなどもとても印象的で、幸せを分けていただいた
ような気持ちになりました。

お足元の悪い中、たくさんのご参加ありがとうございました。

2017年6月26日 (月)

現任頭取・グリーンキーパー研修(県西部編)

6月23日(金)、

現任頭取・グリーンキーパー研修を行いました。
県西部(高岡市・射水市・氷見市・砺波市・小矢部市・南砺市)の方々に
小矢部市のクロスランドおやべにお集まりいただきました。

Img_2081

講師は、職藝学院教授の渡邉美保子先生です。
『エコロジカル・ガーデニング 自然をお手本にした花の庭づくり』
と題して講演していただきました。
以前にステップアップ研修でもお世話になりましたので、久しぶりに
先生とお会いして感激される方がたくさん。私もその一人ですがconfident

Img_2089

自然の植物が生きるように、庭の花を生かす方法を色々と教えて
いただきました。

Img_3931

庭の花づくりがうまくいかない場合、水も肥料ももらえないのに生きて
いける自然の植物の生態を考えると、ガッテンがいきますね。
すぐにでもマネしたくなるお話がたくさんありました。

たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

2017年6月23日 (金)

講義と花壇実習④

6月21日(水)、ステップアップ研修を行いました。

午前中は、中央植物園の中田園長による『有毒植物について』の講義です。
 
ちょっとその前に、前回の『栽培してはいけない植物』の講義を
聴いて、もしかしたらこれもそう?と実物を持っておいでた方が
おられましたので、まずはその説明をしていただきました。

結果はやはり、『オオキンケイギク』でありました。
葉っぱの付き方や、また、種の大きさもポイントです。

Img_2021

さて、有毒植物のお話です。
とっても身近な、庭に植えてあるような植物が、間違って食べると
有毒である!という事実を聞いて、皆さん驚きを隠しきれないという
様子でした。
Img_2025

休憩時間も、園長を囲んで質問が止まりません。
Img_2027

花と緑の指導員であるグリーンキーパーの皆さんにとって、
とても重要な知識ですね。

朝からの雨に、午後の花壇実習はどうなるのだろうかと、
案じていましたが、どうしたことでしょう。。。止みました。

2週間前はこんなふうに、花を全て摘んだ状態だったのですが、
Img_1963

もうこんなに花盛りになりました。
今回は、コンクール2週間前のお手入れ講座です。
2週間後にコンクールの審査がある!と仮定して、どの花を摘んで、
どの花を残すか。どこの部分で切るか。を重点的に教わりました。
Img_2030


Img_2040

Img_2046

株間もどんどん狭くなって、こんもりとしてきました。
一見元気そうなお花たちですが、そろそろ虫に食べられたり、
なめくじが発生したりしています。
Img_2059

ちょっと元気がないお花には、液肥を施しました。
Img_2062

2週間後が楽しみです。
Img_2076

作業の後は、病害虫についての対処方法などを詳しく聴いて、
締めくくりました。
Img_2079

次回は7月5日(水)です。

2017年6月 8日 (木)

講義と花壇実習③

6月7日(水)、ステップアップ研修を行いました。

朝から雲行きがあやしく、午後の花壇実習までもってくだされ~と
願いながら、午前は研修室で講義を行いました。

植物管理の基礎知識として、中央植物園企画情報課の神戸課長より、
『栽培してはいけない植物』について、講義していただきました。

Img_1923_2

植物に関する法律はたくさんありますが、浸透していないために
知らず知らずのうちに法律を犯していることがある。
地域の花壇を任されるグリーンキーパーさん方には大切なお話です。

Img_1920_2

さて午後は、今にも雨が落ちてきそうな空の下、花壇に出ました。

前回の実習でほとんど花を摘んだサルビアですが、
Img_1874_2

2週間後はこんなに花が回復していました。
Img_1929_2

今回は花がら摘みの方法を花の種類ごとに教わりました。

Img_1942_2

ペチュニアは咲き終わった花の根元で。
Img_1934_3

アゲラタムは蒸れやすいので、風通し良く。
Img_1935_2

さらに、腐葉土でマルチングを施しました。
Img_1956_2

マルチングをすることにより、雑草や土の跳ね上がりを防ぎます。
何より花の色が引き立って、花壇の雰囲気を引き締めます。

Img_1950_3

5班さんは大手術です。
ジニア プロフュージョンを追加して、大々的に配置換えをされました。
Img_1958_2

おや、その5班さんは3人のはずですが、増えてる。
他の班から助っ人が来てくださってます。ありがたいですね。
Img_1961_2

こちらは花の背丈を測って、記録されています。
Img_1968_2

今回もほとんど花を摘み取りました。せっかくかわゆく咲いている
のに、もったいないですが、株を大きく育てるには、今の時期は
この方が良いのです。
Img_1963_2

皆さんすずしいお顔をしてらっしゃいますが、けっこうパラパラと
小雨が降っています。
Img_1962_2

作業の後は、寄せ植え実習をしました。
寄せ植えの際の色々な花の色の組合せを教わりました。
Img_1977

今日の材料はこちらです。
Img_1928

ビッグベゴニア(中央)、イソトマ(左)、クフェア(右)、カリブラコア(黄)。

Img_1987

これから秋まで、それぞれのお宅を飾ります。

次回は6月21日(水)です。
梅雨入りしてますよね~きっと。








«こんなことってあります?