2019年10月11日 (金)

花壇実習⑪

10月9日(水)、第11回目の花壇実習を行いました。

前日までのぐずついたお天気が一変して、朝から抜けるような青空になりました。
朝晩の冷え込みが、花壇を一段と秋色に導いてくれました。

Img_6250

秋まで咲き続ける花壇を目指してきました。一部枯れてしまったものも
ありましたが、10月に入ってもしっかりと咲いています。

Img_6269

いつものメンテナンスに加え、今回は特に、今週末にやって来るであろう台風に
備えて、支柱などでしっかりと支える作業に追われました。
Img_6276

Img_6278

Img_6283

コキアはハチマキして、台風に立ち向かう気合い満々です。
Img_6286

Img_6289

11月6日の撤去まで、あと1ヶ月がんばって咲いてもらわなければ
なりません。被害のないことを祈るばかりです。

Img_6292

 

さて、作業の後のミニ講座です。

9月4日に皆でビオラ等の種まきをし、自宅で管理してもらった苗を
再び持ち寄ってもらいました。

種まきからこの日まで、確か2回ほど台風が通過しました。
置き場所などにも苦労されたのではないかと思います。

発芽率、大きさも様々ですね。
Img_6314

Img_6315

Img_6320

これらをポットに植え替えました。

Img_6322

植え替え作業は初めて、という方がたくさんいらっしゃいましたが、
皆さんなかなか手際よくされていました。

Img_6327

さらに「こけ玉作り」もしました。
Img_6335

Img_6340

このような作品ができあがりました。
飾りをつけたらお正月にも良さそうですね。
Img_6339 

短い時間で、盛りだくさんな実習になりました。

次回は11月6日(水)です。花苗を撤去します。

 

 

 

 

 

2019年9月26日 (木)

花壇実習⑩

9月25日(水)、第10回目の花壇実習を行いました。

昼と夜の寒暖差により、だんだんと秋色が濃くなってきました。

Img_6172

台風一過、遠目では何事もなかったように見えますが、結構やられていました。
背の高いものがこのとおり。
Img_6177

メランポジュームも枯れ上がってしまいました。
風の影響を受けやすいそうです。
Img_6178

この実習花壇の撤去は11月上旬を予定していますので、お花たちには
あと1ヶ月ちょっとがんばって咲いてもらわなければなりません。

だんだんと新しい花が咲くペースも遅くなりますので、終わった花を
摘むくらいにしておきます。

Img_6179

Img_6197

ペースダウンする花の中でもボリュームを増し続けるイポメアは、
思い切ってカットしても大丈夫です。
Img_6181

シンボルになっていたクレオメも倒れましたが、なんとか支柱で
復活させました。
Img_6196

来年のために種の採取も欠かせません。
Img_6201

暑かった夏の間、色あせていたコーラルピンクのジニア・プロフュージョンも
本来の色になってきました。
Img_6199

気持ちのよい秋晴れの下での作業でした。
Img_6192

さて、作業の後の島先生のミニ講座。
Img_6217

今回は、チューリップの植え方のいろいろな工夫や、
秋からでも楽しめる、寄せ植えなどにも相応しいいろいろな花苗
を紹介していただきました。

Img_6221

Img_6223

次回は10月9日(水)、最後のメンテナンスです。

 

 

2019年9月 5日 (木)

花壇実習⑨

 

9月4日(水)、第9回目の花壇実習を行いました。

今、バックの「パンパスグラス」が新聞等で話題になっています。
Img_5977

パンパスグラスと一緒に、実習花壇もたくさんのお客様に見ていただけたら
うれしいですね。

さて、昨夜はかなりの土砂降りの雨だったので、研修はどうなるのだろうと
思っていたら、朝になって雨はすっかり上がりました。島先生がかなりの晴れ男さん
らしく、そういえば、これまでそんなにひどい雨に見舞われたことはなかったですね。

Img_6010

花壇の花たちにも、ところどころ、秋の気配が見え始めました。

コキアがほんのりと赤く染まってきました。
Img_6002

ハゲイトウは、羽をもがれたような哀れな姿になり、見納めとなりました。
Img_6011

ベゴニアが勢いを増してくる季節です。
不思議なことに、5班さんのベゴニアは手を加えなくても、手前が低く、後方が高く
なりました。植えた時はみな同じ苗だったのですけどね・・・
Img_6004

これまでは、花がら摘みや、かなりの切り戻しをしても、2週間後には
すっかり回復をしていましたが、これからの季節は、だんだんと回復の
ペースが落ちていきますので、切り戻しは控えめに。

Img_6015

Img_6012

Img_6021

背が高くなってくると茎が割れて倒れてくるので、支柱で支えます。
こまごまとした作業が増えてきます。花も支えが必要になってくる・・
なんだか人間と似ていますね。
Img_6038

根元にも光が届くように。
Img_6041

Img_6028

作業の後、今回は『種まき実習』です。
Img_6058

ビオラなど、秋まきの種をまきました。
Img_6068

Img_6071

手でがんばってみたり、
Img_6069

ペンを使ったり、細かいのでなかなか大変な作業です。
Img_6081

分けて持ち帰って、自宅で発芽を待ちます。

 

次回は9月25日(水)です。

 

 

 

 

2019年8月23日 (金)

花壇実習⑧

8月21日(水)、第8回目の花壇実習を行いました。

お盆を過ぎたあたりから、気付いたらせみの声が虫の声に代わり、
朝晩は少し涼しくなってきましたね。季節が着々と移 り変わっていることが
感じられる今日この頃です。

さて、花壇は今が最盛期を迎えているようであります。

前回のメンテナンス終了後は、こんな感じでした。
Img_5844_20190823095401 

2週間後の今回は、こんなに盛り返していましたよ。
Img_5915 

株間がなかなか埋まらなかったり、苗によって大きさに偏りがあったり、
いろいろありましたが、花たちはそんなことあったかしらと言わんばかりです。
Img_58862

Img_58932

Img_5901

今にも雨が落ちてきそうな曇り空だったので、急いでお手入れを開始しました。

Img_5925

いつの間にか、バックに『パンパスグラス』がお目見えしました。
でっかいススキです。2、3日前から穂をつけ始めたそうです。
Img_5952

お花を傷めないように、中腰の姿勢が大変です。
Img_5933

何やら相談中ですね。
Img_5937

Img_5941

この2週間の間に台風10号が日本列島を縦断していきましたが
担当の高田さんがあちこち養生をしてくださり、お陰様で無事でした。
Img_5943

5班さんの、こぼれ種のクレオメがびっくり箱から飛び出したようです。
一番目立って、この花壇の主のようになってしまいました。そんな予想外な
ことも、花壇づくりのおもしろいところです。

Img_5950

Img_5903

6班さんでは、大事なベゴニアがこぼれ苗の松葉ボタンにぎゅうぎゅう詰めに
されていました。
Img_5907

ベゴニアはこれからが本番なので、養分をとられないように
すっきりとさせました。
Img_5957

これから秋色に変わっていき、また違った表情を見せてくれます。
お楽しみに・・・。

Img_5927

さて作業の後は、今回は「ハーブ」についての説明と、
島先生がハーブティーをごちそうしてくださいました。 
Img_5973

ミントとレモングラスのブレンドです。

さわやかなハーブティーが、疲れた体を癒してくれました。

Img_5975

次回は9月4日(水)です。

 

 

 

 

2019年8月 7日 (水)

花壇実習⑦

8月6日(火)、第7回目の花壇実習を行いました。

メンテナンスする前の今日の花壇です。
Img_5796

連日の猛暑の中でも、めげずにがんばってくれていました。
こちらの方がめげそうです。

前回、このように「イポメア」を挿し芽しました。
(7月24日)
Img_5735_20190807114301

この4本のうち1本だけ生き残ったようです。
(8月6日)
Img_5799

とにかく暑いので、早めに切り上げましょう!

と言って始めたのですが、いざ始めると、なかなかそういうわけにもいきません。
花が「こっちもお願い!」と言う声が聞こえるそうです。

Img_5814

Img_5816

Img_5826

これから来るであろう台風に備えて、背の高いハゲイトウに
支柱を立てました。
Img_5820

コキアは散髪が必要になってきました。
剪定バサミの使い方にもコツがいります。
Img_5825

2班のポーチュラカの調子が今一つなので、挿し芽をしました。
隙間を埋めてくれるとよいのですが・・。
Img_5835

Img_5828

Img_5844

お手入れされて、すっきりとグリーンの花壇になりました。

 

作業の後は、本日もミニ講座です。
今回のテーマは『ハンギングバスケット』です。

島先生が実演をしてくださいました。
Img_5864

チョチョイのチョイで、こんなに素敵な観葉植物のハンギングを作られました。
Img_5862

Img_5804

夏にぴったりで、玄関先にあると素敵ですね。
私も挑戦してみたくなりました。

次回は8月21日(水)です。
お盆を過ぎて、暑さが少し和らいでいればよいのですが・・・。

 

 

 

 

2019年7月26日 (金)

花壇実習⑥

7月24日(水)、第6回目の花壇実習を行いました。

いつもは2週間間隔の研修ですが、今回は3週ぶりだったせいもあり、
ひと雨ごとにぐんぐんと伸びて、お花畑になりました。

Img_5675

今回も花の状態を確認しながら、ご指導を受けました。

Img_5681

ジメジメの梅雨を乗り切れなかったベゴニアを植え替えました。
新しい苗は急いでまわりに追いつかなくてはいけないので、
活着剤を土に混ぜたところへ植えてやりました。
Img_5678_20190724162501

Img_5679

トレニアも同様。
掘り返してみると、根が思うように伸びていなかったようです。
植え付けた時にほぐし足りなかった説が濃厚です。
Img_5687

コキアがおしくらまんじゅうをし始めました。
このスペースに5つ苗を植えましたが、3つくらいでもよかった
かもしれませんね。
Img_5652

 今回は花がらの摘みがいがあります。

Img_5689

皆さんどんなお話をしながら作業されているのかしら?と思い、
こっそり耳をダンボにしていたところ、

 

「元気になられ~」いうて話しかけてやると、花が答えてくれるがよ。

切られてイタイイタイ言うとるかもしれんね。

他の班より元気ないけど、我が家の花壇が一番やちゃ。

 

というようなお話が、真ん中の辺りから聞こえてきました。
なんだか心がほんわかしましたよ。

盗み聞きしてすみません。

Img_5703_20190726141101

Img_5700

Img_5713

ハゲイトウって、1本の苗からこんなに脇目が出てくるんですね。
花火みたいです。
Img_5655

イポメアが元気良すぎて、他の花を侵食し始めましたよ。
Img_5663

ちょっとコンパクトになってもらいました。
Img_5720

毎年このイポメアが救世主なのです。
他の班のさみしいところに差し芽をして、隙間を埋めてくれます。
Img_5730

このちょんちょんの4本の茎もそうです。無事に再生できるでしょうか・・
Img_5735

こぼれ種から出てきたマツバボタンも隙間を埋めてくれています。
  Img_5732

作業の後のミニ講座。
今回は『ハイドロカルチャー』です。

Img_5762

ハイドロカルチャーとは、水耕栽培のことです。

「ソフォラ リトルベイビー」という観葉植物をハイドロボールに
植え付けました。涼しげです。
Img_5765

Img_5764

次回は8月6日(火)です。

梅雨明けして夏本番!
熱中症に注意して、また元気にお会いしましょう!

 

 

 

 

2019年7月 4日 (木)

花壇実習⑤

7月3日(水)、第5回目の花壇実習を行いました。

梅雨の合間の蒸し暑い1日となりました。
作業せずに写真を撮ってばかりいる私でも、立っているだけで汗が流れます。
作業されている皆さんの暑さはいかばかりかと。。。。

お花さん達も暑さに負けず、がんばっています。
一段と盛り盛りになりました!

Img_5532

今日も花がら摘みを中心に作業をしました。

Img_5538

しかし、生育は順調ながらも、株毎に大きさにばらつきがあるのが気になります。

例えば、「コキア」
Img_5543

例えば、「サルビア」
Img_5539

よく見ると、どちらも花壇の端っこの方が小さいですね。
植え付け前の元肥の混ざり方に偏りがある説が濃厚です。

端っこの方を重点的に、追肥も行いました。
Img_5564

花数が多くなってきて、花がらも摘み応えがあります。
Img_5546

Img_5547

Img_5567

Img_5561

昨年、こぼれ種で出てきた「クレオメ」が、さらにこぼれて出てきました。
Img_5544

しかし、これでは他のものが負けてしまっていますので、せっかくですが、
抜いてすっきりとなりました。クレオメも素敵なんですけどね。
Img_5557

本日の実習前。
Img_5488_20190704105501

お手入れ後は・・・
Img_5578

ちょっとさみしくなりましたが、きっとまた盛り返すはずです。

作業の後のミニ講座は、病害虫に対する適切な薬剤の使い方やタイミング
を学習しました。
Img_5602

次回は7月24日(水)です。

 

 

 

 

 

 

2019年6月19日 (水)

花壇実習④

6月19日(水)、第4回目の花壇実習を行いました。

今にも雨が落ちてきそうな空模様でしたが、最後まで待ってくれました。

前回もかなりの花を摘みましたが、2週間後の今日は一段とお花畑になっていましたよ。

Img_53952

今日もしっかり花がら摘みをしていきましょう!

作業の前にもう一度、花の種類ごとに摘む位置を確認。

Img_5406

Img_5401

今の時期は、株を充実させるためにも花を摘みます。

Img_5416

Img_5417

5班の山崎さんは、お花に「ごめんね。ごめんね。」と言いながらチョッキンして
おられました。なんておやさしいのでしょうね。
Img_5446

Img_5436

一見元気そうな花ですが、よく見ると、早くも虫に食われている形跡が。
早めが肝心なので薬をまきました。
 Img_5444

葉っぱの色がいまひとつのところには液肥をかけました。
土作りの時に肥料を入れて耕しましたが、端っこの方にまで均等に
分散されなかったのかもしれません。
Img_5412

さて、今回もかなり花を摘みました。2週間後の次回はどうなっているか
楽しみです。無事に梅雨を乗り越えてくれることを祈るばかりです。

Img_5438

作業の後は、ミニコンテナガーデン実習をしました。
Img_5464

新聞紙半分の大きさの中にいろいろな花苗を並べて、即席の
コンテナガーデンを作ってみよう!

ということで、班ごとにチャレンジしてみました。

Img_5474

皆さんさすが手早く、あーでもないこーでもないと言っているうちに、
さっさっさーと完成させられました。

人気が高かったのがこちらの作品。
カラーリーフを上手に使って、夏らしい元気な作品になりました。
Img_5481

ニチニチソウのピンクを入れたらパッと明るくなったというこちらの作品。
Img_5478

今だけの幻のミニコンテナガーデンを記念撮影。
ぜひ自宅で再現してみてくださいね!
Img_5484

次回は7月3日(水)です。

 

 

 

 

2019年6月15日 (土)

頭取・グリーンキーパーブロック研修(県西部編)

6月14日(金)、

今度は県西部(高岡市・氷見市・砺波市・南砺市・小矢部市)の
頭取・グリーンキーパーさんを対象に、ブロック研修を行いました。
小矢部市のクロスランドおやべにお集まりいただきました。

Img_5346

講師は、職藝学院教授の渡邉美保子先生をお招きし、

『花の庭づくりの科学 ~植物の生理と花壇管理~』 

と題して講演していだだきました。

Img_5349

「どうして植物に水をあげるのか?」
「どうして植栽後の花壇に腐葉土のマルチングをするのか?」
「花を切るとどうして脇芽が伸びて再び花が咲くのか?」

ふだん、当たり前にやっていることなのですが、「どうして?」と聞かれると、
そういえばどうしてだろう・・・???と思いますよね。

「科学」と言われると、私なんかは難しくて脳みそが受け付けなくなってしまいますけど、
そこのところを渡邉先生のやさしさで、わかりやす~く教えてくださいました。

花壇管理の作業のひとつひとつに意味があることがわかりました。
植物の性質を知った上で作業することは、大切なことですね。

今回で、県内各地区のブロック研修が終了しました。
たくさんのご参加、ありがとうございました。

 

頭取・グリーンキーパーブロック研修(東部編)

6月12日(水)、頭取・グリーンキーパーブロック研修を行いました。

魚津市の新川文化ホールにて、県東部の皆さん(滑川市・魚津市・黒部市・入善町・朝日町)
にお集まりいただきました。

Img_5330

講師は、東京から日本花の会主幹研究員の和田博幸先生をお招きし、

『ポイントを押さえて花のまちづくりを成功させる』

と題して、講演していただきました。

Img_5332

「花のまちづくり」が地域にどんなプラスの影響をもたらすのか、富山県だけでなく、
全国のたくさんの具体例を紹介してくださいました。
まち並みに調和した花壇づくりのデザインの仕方や、活動の進め方のポイントを
詳しく解説していただきました。

活動する方々はもちろん、地域全体が元気になる花壇づくりを目指したいですね。

東部地区の皆様、ご参加ありがとうございました。

«花壇実習③