2024年2月19日 (月)

令和5年度『花とみどり・ふれあいフェア』を開催しました。

2月17日、18日の2日間は、婦中町のファボーレにて
『花とみどり・ふれあいフェア』を行いました。

Dsc00017_r

はなぴーも久ぶりに登場して、うれしそうでしたよ。
Img_1863_r

先日ご紹介した、「コンテナガーデンコンテスト」と「わたしの寄せ植え作品展」は、
審査会をして入賞作品が決まりましたので、開会式の後に表彰式も行いました。

コンテナガーデン大賞の作品は、
砺波市の種田花と緑推進協議会さんの
「となみ野に春が来る」
Dsc03348_r

わたしの寄せ植えの最優秀賞は、
南砺市 吉居紀子さんの「うましき春」です。
_taka

ファボーレホールでは、木工クラフトや、木のおもちゃと遊ぼうコーナー
Dsc03329_r

Dsc03324_r

お気軽体験コーナーでは、

観葉植物の寄せ植え
Dsc03330_r

生花で作るミニスワッグ、押し花で作る小物
Dsc03331_r

ボタニカルフラワーギャザリング
Dsc03332_r

アロマテラピー
Dsc03333_r

などや、親子で作るアロマワックスバー教室や、寄せ植え教室も。

花の種無料貸し出しコーナーも、たくさんの方が種を借りていかれました。
種がたくさんできたら、また返却をお待ちしております。
Dsc03336_r

光りの広場では、スタンプラリー抽選会が。
会場を周って、❛花❜ ❛と❜ ❛緑❜ の3つのスタンプを集めたら、抽選会に参加できます。
たくさんの方がラリーに参加してくださって、賞品をゲットされました。
Dsc03341_r

砺波市さんと入善町さんのブースでは、記念撮影したらチューリップの切花の
プレゼントがあり、連日賑わっていました。
Dsc03343_r

Dsc03345_r

2日間、大勢の方に花と緑にふれあって、春を先取りしていただけたのでは
ないかと思います。本物の春はすぐそこまで来ています。
ご来場ありがとうございました。

 

 

2024年2月16日 (金)

週末はファボーレへ‼

昨日は春一番が吹きました。寒暖差を繰り返し、着実に春に向かっている気配を
感じますね。今週末2月17日(土)、18日(日)は、婦中町のファボーレにて、
毎年恒例の『花とみどり・ふれあいフェア』を開催します。

フェアに先駆けて「コンテナガーデンコンテスト」と「わたしの寄せ植え作品展」の
展示が、すでに始まっていますよ。

ファボーレパークでは「コンテナガーデンコンテスト」が。
県内のグリーンキーパーさん達が、1メートル四方に心を込めて作られた作品が10基、
勢揃いしました。
Dsc03313_r

Dsc03315_r

ファボーレパークへの連絡通路では「わたしの寄せ植え作品展」が。
Dsc03307_r

素敵な寄せ植えが20作品並んでいます。
今年は特に、能登半島地震の被災者の方々へ思いを馳せて作られた作品が
多いです。本当に、1日も早く花で心を癒していただける日々が訪れる
ことを祈ります。

Dsc03311_r

また、ときめきの広場では、今年度の花と緑のポスター原画コンクール、
標語コンクール、花のまちづくりコンクールの入賞作品も展示しています。
Dsc03305_r

17日、18日の2日間は、ファボーレが花と緑でいっぱいになります。
たくさんのイベントをご用意しております。
お越しをお待ちしております。

イベントの詳しい内容は、こちら

 

 

 

2023年11月16日 (木)

ステップアップ研修の閉講式を行いました。

11月15日(水)、今年度のステップアップ研修の閉講式を行いました。

先週の花壇実習の最終回を経て、泣いても笑っても今日が本当の最終回です。

閉講式の前に、
まずは、担当の髙田専門員より、4月からこんなことをしてきましたね...と、
写真を見ながら振り返りました。
Dsc03268_r_20231116095701

振り返れば4月12日、緊張の面持ちで迎えた開講式の後、すぐに花壇デザイン作成の
講義が始まり、
Dsc01634_20231116095801

5月24日には、班で決めたデザインを基に植栽をしました。
Dsc01774_20231116140601

始めはどこで切ったらよいか分からなかった花がら摘みも、今はお手のものですよね。
Dsc02006_20231116100001

7月19日に最高の花壇になるように!と、目標を立てた『仮想コンクール』は大成功でしたね。
Dsc02476_r_20231116095601

10月になってからの秋色の花壇も、とてもきれいでした。
Dsc03114

花壇実習以外にも、『ボランティア活動の心がまえ』や中央植物園の中田園長による
『有毒な植物や栽培してはいけない植物』の講義もありましたね。
Dsc01970

9月には新潟県見附市への現地視察。
S0765164

数え上げたら切りがないですね。

また、西川普及研修部長から、『花壇コンクールから学べること』と題し、
県花のまちづくりコンクールの各部門の最優秀賞の花壇を例に、良い花壇作り
のポイントを紹介していただきました。
Dsc03276_r

お一人ずつ、この研修に参加しての感想をお聞きしたところ、

・最初は20単位の研修に通えるか不安だったが、休まずに出席できたことが自信になった。

・土づくりや花がら摘み、テーマを決めてデザインすることの大切さがわかった。

・これからも失敗を繰り返しながら、花と一緒に成長していきたい。

・メンバーに恵まれ、班の人からいろんな話が聞けてよかった。

・地元に戻って花の輪を広げていきたい。

他にも、
今日は閉講式だけど今がスタート地点!という方や、早速自宅に花壇を作りました!という方も。
いろいろなお話を聞かせていただきました。

土づくりはどうするんだったかな?とか、あの時どんな花苗植えたっけ?などと思ったら、
この研修のファイルをもう一度開けて、おさらいしてみて下さい。そして、地域の人たちにも
伝えてあげて下さいね。

閉講式では酒井専務理事より、お一人ずつ修了証をお渡ししました。
3b
修了証は、全20単位のうち3分の2以上の出席で交付するのですが、
30名全員の方にお渡しすることができました。

記念写真で締めくくりました。
Dsc03882

今年も花を通して、素敵な出会いがたくさんありました。
受講生の皆さま、長い期間、本当にお疲れさまでした。

 

2023年11月11日 (土)

花壇実習⑫(最終回)

11月8日(水)、第11回目の花壇実習を行いました。

早いもので、5月に土づくりから始まった花壇実習は最終回となりました。

10月いっぱいまで、こんなにきれいに咲いてくれましたよ。
植物園のお客様にも好評でした。
写真は10月31日に撮ったものです。青空に映えますね。
Dsc03178_r

まだ見頃のものがたくさんありますが、一年草、宿根草、工夫をすれば
冬越し出来るものなどを確認してから作業を開始しました。
Dsc03201_r

5班さんの白いベゴニアは、この半年間で今が一番いい!そうです。
今年の猛暑は、ベゴニアにとってキツかったのでしょうね。
Dsc03207_r

花にとっては、やっと過ごしやすくなったと思っているかもしれませんが....

とにかく抜きます。
Dsc03212_r

Dsc03220_r

2班さんのランタナは、木質化して抜くのが大変そうです。
Dsc03215_r

どの班も生長が良かった分、根っこが深くて抜くのに力が要りました。

Dsc03222_r

2週間毎の実習で、次回までどんな姿になるかを想像しながら、花がら摘みや
切り戻しなどをしてお世話をしてきました。「仮想コンクール」もありましたね。

Dsc03225_r

抜き始めたらあっという間です。
思い通りになったところ、ならなかったところ、色々ありましたね。

Dsc03221_r_20231109161401

カンナの根っこには、球根がたくさんできていました。
Dsc03239_r

コキアは箒を作るのに丁度良い具合になりました。
蜘蛛の巣を取ったりするのにも良いそうですよ。
Dsc03240_r

葉っぱや根っこを取り除いたら、きれいな花を咲かせてくれた土に
感謝の意を込めて、腐葉土ともみ殻燻炭を鋤き込みました。
Dsc03237_r

Dsc03238_r

半年間たくさんの方に観ていただきました。
来年もきれいな花を咲かせてくれますように。。。
Dsc03244_r

さて、自由参加プログラムも今回が最終回です。
最後は「こけ玉を作ろう!」の第2弾です。
Dsc03246_r

ヤブコウジの苗にツルをあしらって、ちょっと早いですけどお正月に良い
作品を作ります。
Dsc03261_r

ツルは “向き合うように” 挿すのがポイントです。
どっちかがあっちゃ向いとったらあかんがです。
Dsc03263_r

Dsc03248_r

こけ玉作りは2回目なので、皆さん手慣れておられ、
Dsc03249_r

スムーズに作業が進んでいました。
Dsc03253_r

とは言っても、こけを糸でぐるぐると巻く作業はなかなか大変ですね。
Dsc03260_r

こけ玉で、素敵なお正月を!(早いですけど...)

これで12回の花壇実習は無事に終了しました。
毎回きめ細やかなご指導をいただいた島先生に感謝いたします。

次回は11月15日(水)、ステップアップ研修の閉講式を行います。

 

2023年10月 5日 (木)

花壇実習⑪

10月4日(水)、第11回目の花壇実習を行いました。

Dsc03069

10月に入り、朝晩急に肌寒くなりましたね。
今夏は猛暑の期間が長かったからか、いつも以上に寒さを感じるような気がします。

寒暖差のおかげで、花壇の花の色がうんと濃くなりました。
次回の花壇実習最終回の11月8日に花苗を撤収する予定です。

Dsc03077_r

今回はあと1ヵ月咲いてもらうためのお手入れです。

Dsc03082_r

花がら摘みを中心に、作業を行いました。

Dsc03084_r

Dsc03086_r

青色はより深い青色に。
(サルビア・ファリナセア)
Dsc03099_r

(ラベンダーセージ)
Dsc03101_r

コキアは真っ赤に染まり、
Dsc03085_r

カンナもまだまだ見頃です。
Dsc03106_r

ジニア・プロフュージョンも蕾がいっぱい。
Dsc03091_r

Dsc03094_r

Dsc03107_r

夏の花壇も素敵でしたが、秋色に変化した花壇も、さらに素敵ですよ。
Dsc03109_r
Dsc03114_r

さて花壇管理作業の後は…

前回、皆でビオラの種まきをして、手分けして自宅で管理した苗をまた持ち寄って、
ポットに植替えをしよう‼の巻です。
芽は出ましたかね?

出てますね。
Dsc03124_r

Dsc03128_r

こちらは。。。あんまり出てませんね。
Dsc03123_r

こちらは、ひょろ~んとなっちゃいましたね。
Dsc03129_r

うまくいかなかった場合の原因は、色々とあると思いますが、
例えば、覆土が厚過ぎても芽が出ないことがあるそうです。
芽が出た後に光が足りない場合に、ひょろ~んとなってしまうようです。

小さな苗を皆で植え替えました。
Dsc03143_r
Dsc03134_r

春にはきれいな花が咲きますように。
Dsc03144_r

次回11月8日(水)は、花壇実習の最終回です。
花壇の花を撤収します。

 

2023年9月14日 (木)

花壇実習⑩

天高く馬肥ゆる...秋??
Dsc02926_r

朝晩は少し涼しくなりましたが、日中はまだまだ真夏日が続いています。

9月13日(水)、第10回目の花壇実習を行いました。

Dsc02930_r

Dsc02934_r

今回も花がら摘みを中心にメンテナンスを行いました。

Dsc02945_r

Dsc02952_r

Dsc02960_r

1ヵ月前に刈り込んだ「ジニア・プロフュージョン」は、再びこんもりとなり、
蕾もたくさんつけています。この時期になると、やはり1ヵ月かかりますね。
Dsc02962_r

Dsc02938_r

2週間前に刈り込んだものは、まだ花数は少ないですが蕾はたくさんついています。
Dsc02973_r
早い時期に刈り込めば、コンパクトな高さで維持できて、枝割れも防げますね。

コキアもかなり大きくなってきて、散髪のしがいがありますよ。
Dsc02967_r
Dsc02978_r

そろそろ種が採れる時期です。
Dsc02948_r

クレオメにもたくさん種が。
Dsc02988_r

クレオメは毎年、こぼれ種で出てきてくれて、とても重宝な花です。
びっくり箱から飛び出したような花姿がユニークですね。
Dsc02989_r

横から見ると、6つある花壇がつながって、ボーダー花壇に見えますよ。
後ろのパンパスグラスが借景になっております。
Dsc02999_r

これから気温が下がるにつれ、秋色に変わっていきます。

さて作業の後は、前回、気温が高過ぎてお預けになった、種まき実習を行いました。
Dsc03012_r

土を詰めたプラグを班で4~5等分して種まきし、それぞれ持ち帰り、次回まで自宅で管理
してもらいます。失敗のリスクも分散です。
Dsc03010_r

今回蒔く種は2種類のビオラです。
Dsc03011_r

とにかく種が小さいので、瞬きしてる間にどこかへいってしまいそうです。

種まきの方法は、いくつかあります。

ピンセットで一粒一粒。
Dsc03017_r

鉛筆の先で一粒一粒。
Dsc03018_r

もしくは、カリカリくんでカリカリと....
持ち手のところを指でカリカリとすると、一粒ずつ先から落ちるグッズです。
Dsc03014_r

お好きな方法でやってみて下さい。

皆さん、真剣な面持ちです。
Dsc03019_r

Dsc03022_r

次回、10月4日に持ち寄って、ポットに植え替えする予定です。
おうちでの管理、がんばりましょう!

 

2023年9月 1日 (金)

花壇実習⑨

8月30日(水)、第9回目の花壇実習を行いました。

Dsc02825_r

暑いと言うのにも飽きてきましたよ。
この猛暑はいつまで続くのでしょうね。

花にも疲れが見えてきました。
どの班でも大活躍のジニア・プロフュージョンは茎が割れてきて、
所々に穴が開いたようになっています。
Dsc02840_r

Dsc02834_r

刈り込んで、高さを調整しました。
Dsc02844_r

ケイトウはそろそろ終盤ですね。
羽をもがれた鳥のような、悲しい姿になっております。
Dsc02839_r

ケイトウが終わった後のために、早くからこぼれ種のクレオメを仕込んでおいたので
そろそろ代替わりです。
Dsc02870_r

全体的には、まだ十分に花を楽しめます。
Dsc02843_r

クマバチも蜜集めに大忙しです。
カメラで近寄っても目もくれません。
Dsc02827_r

Dsc02846_r

いつの間にか、花壇の後ろのパンパスグラスに穂が上がっていました。
安心してください。季節は着実に秋に向かっています。

Dsc02847_r

ひたすら花がら摘みです。

Dsc02849_r

Dsc02859_r

Dsc02862_r

次々と台風が発生しているようですので、倒伏防止の支えは
なかなか外せませんね。
Dsc02877_r

この先も台風による被害がないことを祈ります。

お手入れされて、スッキリとしました。
Dsc02886_r

 

さて作業の後は、本来なら今回、パンジーやビオラ等の種まき実習をする予定
でいたのですが、こうも暑いとせっかく芽が出てても育たない可能性もあり...
そもそも気温が高すぎて芽が出ないかもしれません。

予定を変更して、花壇見学へ行くことになりました。

射水市「小杉花作り同好会」さんがお世話をしておられる
「歌の森運動公園西側広場花壇」におじゃまいたしました。
S0235041_r

素晴らしいボーダー花壇です。
今年度の富山県花のまちづくりコンクールのプレミアム花壇部門で、
2年連続、最優秀賞を受賞されました。
S0245042_r

S0255043_r

特徴や管理方法など、島先生の解説付きで、とても参考になりました。
S0355053_r

大変おつかれさまでした。
次回は、9月13日(水)です。

 

2023年8月20日 (日)

花壇実習⑧

8月18日(金)、第8回目の花壇実習を行いました。

お盆中に台風7号が直撃するかも...との予報がありましたので、簡単に台風対策を
施しておりましたが、西の方へ逸れていき、被害はありませんでした。

Dsc02743_r Dsc02742_r

この酷暑の中でも、花たちはじーっと耐えてくれていましたよ。

Dsc02729_r

暑いので、早めに作業を終わらせましょう。
作業に入る前に、真夏の手入れ方法を確認しました。
Dsc02747_r

ジニア・プロフュージョンは端の方から倒れ込んできましたので、
倒れたところを刈り込みました。
1ヵ月弱くらいで、こんもりとした姿に戻るだろうとのことです。
Dsc02778_r

マリーゴールドは、強く刈り込むと復活しない場合があるので注意が必要です。
花がら摘みと高さの調整ぐらいにしておきます。
Dsc02755_r

メランポジュームは、刈り込んでもなかなか芽を吹いてくれません。
このまま頑張ってもらいましょう。
Dsc02792_r

コキアはすこぶる元気です!
剪定して形を整えました。
Dsc02779_r

カンナの花がらはどこを切ればよいかを相談中です。
新しい蕾が出ているところで切ります。
Dsc02770b

まだこんなに蕾が出ていますよ。魔女の爪みたいですね~。
Dsc02774_r

研修担当で、毎日水やりの管理をして下さっている髙田さんから、少し前に
ペチュニアの「桃色吐息」が青色吐息になっているとの情報がありましたが、
なんとか頑張ってくれているようです。花数が少ないですが、この暑さでは
無理もありません。
Dsc02797_r

この炎天下では、じっくりと花がら摘みをするのはなかなか大変ですね。

Dsc02759_r

Dsc02762_r

ご自宅や地域の花壇のお世話も、無理をせず、水分や休憩をしっかりとり、
体調と相談しながら作業してくださいね。

Dsc02767_r

Dsc02788_r

Dsc02769_r

一日中、太陽の日があたるこの研修花壇で、猛暑の中でも元気に育っている
花たちをご紹介します。

まずは、どの班でも大活躍の
「ジニア・プロフュージョン」
Dsc02732_r

「アメリカンブルー」
Dsc02735_r

「センニチコウ」と「ニチニチソウ」
Dsc02737_r

「高性アゲラタム」
Dsc02736_r

「イポメア」
Dsc02738_r

「コキア」
Dsc02766_r

「サルビア」
Dsc02739_r

「カンナ」
Dsc02740_r

「マリーゴールド」
Dsc02746_r

「ラベンダーセージ」
Dsc02733_r

「ランタナ」
Dsc02773_r

「ハゲイトウ」
Dsc02741_r

などなどです。
来年の花苗選定の参考にしてください。

 

作業の後は、ハンギングバスケットの作り方の実演を見せていただきました。

スリットバスケットを使用します。
スリット部分に、切れ込みの入ったスポンジを内側から貼り付けてから使用します。

Dsc02818_r

底に少量の赤玉土を入れて排水性を確保してから、リーフ類や花苗を下から
バランス良くスリットにはめ込んでいきます。最後に上部に水苔を敷き、
両端2カ所に穴を開けておいて、水やりの際の水の通り道を作っておきます。

Dsc02820_r

ステキなハンギングバスケットが出来上がりました。
立体的な花壇を作る時にも活躍します。

Dsc02821_r

植え込む苗は30株くらいまで可能だそうです。
そんなに植えて大丈夫なんですか?という質問がありましたが、
大丈夫だそうです。うまいこと共生していくようですよ。

次回は8月30日(水)です。
また元気にお会いしましょう。

 

2023年8月 4日 (金)

花壇実習⑦

8月2日(水)、連日の猛暑の中、第7回目の花壇実習を行いました。

花壇もさぞかしバテているであろうと思っていたのですが、美しい姿を保っています。

Dsc02636_r

作業の前に、花の種類ごとのお手入れのポイントを確認しました。

Dsc02644_r

Dsc02649_r

とにかく危険な暑さですので、早めに作業を終わらせましょう。

Dsc02656_r

Dsc02658_r

2週間前にたくさんの花を摘んだのですが、さらにこんもりとして花付きも上々です。

Dsc02672_r

暑い中、元気に頑張っている花を見ると、こちらも元気をもらえますね。

Dsc02689_r

Dsc02668_r

これだけ株が繁ってくると、管理通路の必要性を再確認します。

Dsc02663_r

咲き切ったカンナの花がらを切ると、、、
Dsc02662_r

次のつぼみが順番待ちをしていました。
カンナは長く花を楽しめるのが良いですね。
Dsc02677_r

2班さんの暑さが苦手なベゴニアが、サルビア・ファリナセアの足元で身を潜めています。
この場所なら西日を避けることができるかもしれません。もう少し涼しくなるまで、
なんとか頑張ってほしいものです。
Dsc02705_r

6班さんのトレニアは、旺盛なイポメアに隠れていましたが、逆にイポメアの
陰になって日差しを遮ることができたのか、顔を出すととても元気そうでした。
Dsc02690_r

倒伏防止に支柱をやり直し、今後いつやってくるやも知れない台風に備えます。
Dsc02682_r

Dsc02692_r

Dsc02695_r

なんとかこの猛暑を乗り越えてほしいですね。
Dsc02702_r

さて作業の後は、自由参加プログラム。
今回は『ハイドロカルチャー』をしようです。
Dsc02709_r

ハイドロカルチャーとは、ハイドロボール(粘土を高温で焼いて発泡させたボール状の石)
に植物を植え付ける水耕栽培です。

Dsc02713b

今回は、ガジュマル(中央)、トラデスカンチヤ(右)、ペペロミア(左)
を植え込みました。

足元に涼し気な貝殻もあしらって、夏のよそおいです。
Dsc02715b

シリカ(ケイ酸塩白土)を入れることで、根腐れ等の心配はありません。
土を使わず清潔なので、虫も寄せ付けません。

苗の配置のバランスは、それぞれのセンスです。

Dsc02719_r

あえて肥料を控えて生長を遅らせ、大きさを維持しながら育てます。

Dsc02718_r

緑を楽しむひとつの方法です。

次回は8月18日(金)です。
お盆明けにまた、元気にお会いしましょう。

 

2023年7月21日 (金)

花壇実習⑥

7月19日(水)、第6回目の花壇実習を行いました。

1ヵ月前から、7月19日に花壇がベストな状態になるようにお手入れをしてきた
『仮想花壇コンクール』ですが、いよいよ “その日” になりました。

先に結果を言ってしまいますが、どの班も素晴らしい仕上がりになっています‼

Dsc02456_r

元々、順位はつけないコンクールですが、本当に甲乙つけがたいです。

各班ごとに、テーマなどを発表し合いました。

では、ご紹介します。

1班 テーマ『花の園(円)』
Dsc02400_r
Dsc02458_r

テーマ通り、花の園であり、花の円でもあり、円形になるようデザインされています。
両側のボックセージがゆらゆらと良い雰囲気です。
Dsc02460_r

大雨で生育が危うかったペチュニア“桃色吐息”も、復活を遂げました。
Dsc02507_r

2班 テーマ 『友交ガーデン』
Dsc02410
Dsc02461_r

カンナがもう少し大きくなってくれれば、もっと良かったとのこと。
Dsc02419_r

中央の赤色のサルビアは、あまり背が高くならないよう、敢えて矮性種のものを
用いられました。

Dsc02416_r

3班 テーマ 『平和の祈り』
Dsc02422_r
Dsc02464_r

真ん中に、メランポジュームの黄色とサルビア・ファリナセアの青色で、
ウクライナカラーを平和の象徴として表現されています。
Dsc02423_r

左側のボリュームの半面、右側が少しさびしかったかなと言っておられました。
Dsc02424_r

こぼれ種から育ったクレオメを後方に移植したおかげで、蝶のような白い花が
アクセントになりました。
Dsc02512_r

4班 テーマ 『flower flow』
Dsc02427_r
Dsc02468_r

白から徐々に濃い色へと、流れるようなデザインです。
Dsc02470_r

今は花が繁って見えなくなってしまいましたが、実は、管理通路が4班の『4』の字に
なっているんですよ。(下の写真は植え付け直後の様子です。)
より一層、班の絆が感じられますね。

Dsc01889r

5班 テーマ 『虹を見上げて』
Dsc02437_r
Dsc02473_r

テーマ通り虹色です。『虹』で終わるのではなく、『虹を見上げて』とされたところが
粋だな~と、私、個人的に思います。
これだけ高さを揃えるのは難しかったのではないかと想像します。

Dsc02443_r

シンプルなデザインに、ベゴニアの白が効いています。
(これは島先生のコメントです。)
Dsc02444_r

6班 テーマ 『ほほえみの苑』
Dsc02446_r
Dsc02476_r

後方の背丈の低いロベリアの青色は富山湾を表していて、野山の花たちが海を見下ろしている
イメージです。さらには、右側は県東部地区を、左側は県西部地区をイメージしてデザイン
されています。
Dsc02521_r

トレニアを覆い隠してしまうほどのイポメアは、「がんばっていこう!」
という勢いを表しているそうです。
Dsc02448_r

さて、どの班も『仮想花壇コンクール』目標達成!ですね。

思い通りに育ってくれたものもあれば、もう少しこうなったらよかったのに。。。
という思いもあったかと思いますが、心の中で、最優秀賞は自分の班!と皆が思えたならば、
コンクールは大成功だったのではないでしょうか。

花壇に酔いしれている時間はありません。

雨がポツポツと落ち始めましたよ。

本降りにならないうちに、今日もせっせと花がら摘みです。

Dsc02490_r

Dsc02491_r

仮想コンクールが終わったからか、なんとなく前回までの緊張感があまり
感じられません。皆さん余裕の表情ですね。

Dsc02511_r

しかし、今日がゴールではありません。花壇実習は秋まで続きます。

Dsc02516_r

ここは植物園。この花壇を楽しみにしているお客様も多数おられます。

Dsc02501_r

これからも常にベストな状態になるよう、メンテナンスを続けましょう。

Dsc02520_r

今が見頃です。
中央植物園にお越しの際は、ぜひこの研修花壇にもお立ち寄りください。
Dsc02539_r

 

さてさて、作業の後は「ミニコンテナガーデンを作ろう」の巻です。

島先生が用意してくださった沢山の花苗の中から選んで、新聞紙半枚の上に
ガーデンを作ります。
Dsc02541_r

目移りしますが、とりあえず好きなものをピックアップして、後方には背の高いもの、
前方には低いものの鉄則を乱さぬよう、置いてみます。

Dsc02551_r

遠目からも眺めてみます。
Dsc02561_r

本当に植えるとなると、それぞれの性質により難しいこともありますが、
ここでは、高低差をつけたり、雰囲気の違うものを組み合わせたりと、
色合いや、デザインの勉強です。


ほんの数分だけの、幻のミニコンテナガーデンができました。

1班
Dsc02549_rt

2班
Dsc02552_rt

3班
Dsc02558_rt

4班
Dsc02563_rt

5班
Dsc02568_rt

6班
Dsc02573_rt

どの班も素敵で、先生からも太鼓判をいただきました。

そして、島先生の作品がこちら。
リーフ類だけで仕上げられました。
Dsc02579_r

一瞬の作品を、研修生は各自カメラに収めていました。
Dsc02577_r


次回は8月2日(水)です。
暑さはこれからが本番ですね。体調管理に十分注意しましょう。

 

«花壇実習⑤