2018年9月27日 (木)

花壇実習⑪

9月26日(水)、第11回目の花壇実習を行いました。

すっかり秋めいてきましたね。
2ヶ月程前から待ち焦がれていた秋がやってきました。
今ではあの、連日の猛暑が懐かしいくらいです。

だんだんと、やさしい色合いになってきました。
Img_4386

コキアが内側の方から赤く色付いてきました。
Img_4368

これから先は生長が緩やかになるので、これまでのように
毎回思い切った剪定はせず、終わった花がらを取るくらいの
お手入れにしておきます。
Img_4369

Img_4377

蕾もまだまだたくさんついています。
Img_4361

Img_4392

夏の暑さにじっと耐え、秋に本領を発揮してくるはずのベゴニアですが・・・
Img_4394

今ひとつ、大きくならないんですよね。
びっしりとグラウンドカバーをしているこぼれ種のマツバボタンに、力を
吸い取られているのでしょうか。おかしいですね。

イポメアの挑戦も続きます。
新たに挿し芽の挑戦です。
Img_4388

まだまだ見頃です。
横から見ると、6つの花壇がつながって1つに見えますよ。
Img_4411

さて作業の後は、楽しいミニ講座。

今日は、タネまきをしよう!の巻です。

Img_4415

Img_4417

班ごとに1色ずつ、ビオラのタネまきをしました。

紙と尖ったものの先で1粒ずつ落とす方法。
Img_4423

カリカリクン(柄の部分を爪でカリカリすると、ちょっとずつタネが落ちてくる)など、
道具を使って播く方法。
Img_4424

地道に指先でがんばる方法。
Img_4429

など、方法は様々です。

最低2人以上に分けて持ち帰り、自宅で育てて、また持って来てもらいます。
Img_4428


さらに、タネだんごを作ろう!の巻もありました。

Img_4449

Img_4448

土をこねこねして、おはぎを作ってるみたいで、楽しそうでした。

今日も盛りだくさんな実習でした。

次回は10月18日(木)です。
















2018年9月 7日 (金)

花壇実習⑩

9月5日(水)、第10回目の花壇実習を行いました。

前夜、台風21号が過ぎ去ってゆきました。
何事もなかったかのような、この青空です。
Img_4211

2日ほど前に、念のため養生をしました。

Img_4201

Img_4204

おかげさまで、背の高い物も低い物も、さほどの被害はありませんでした。
何もしなくても大丈夫だったのではないかと思うくらい、一株一株がすごく
しっかり根付いています。

暑くて長かった夏ももう終盤ですね。
お花達もなんとか乗り越えて、今とても見頃です。
Img_4218

どの班も、株間がすっかり埋まって、みんなお花に埋もれています。

Img_4226

Img_4219

秋に向けて、花色もだんだんと色濃くなっていきます。

Img_4212_2

前回、元気がないとお伝えしたサルビア・ファリナセアですが、
盛り返してきました。葉っぱも花もしっかりしてきました。
Img_4233

ポーチュラカは相変わらず、この夏の一番元気です!
Img_4234

今年の花壇の植栽で、おすすめのものをご紹介します。

“ジニア・ジャイアントライム”です。
花色が淡いグリーンで、とっても清々しいのです。
Img_4236

背が高いので、花壇の後方におすすめです。
Img_4237

ただ、うどんこ病を発症中で、スプレーで退治しました。
効いてくれるといいのですが・・・。
Img_4238

もう一つは、栄養系コリウス“ワサビ”です。
一見、「シソ」に見えますが。
Img_4240

これも淡いグリーンで、たくさんあってもしつこくなく、夏花壇に涼を呼びます。
Img_4242

栄養系コリウス“ブリリアンシー”も。
これは赤なので、あまりたくさんあると暑苦しくなりそうですが、
たった2株なのに、これだけのボリュームです。
Img_4239

10月いっぱいまで、もうひとがんばりしてもらいたいですね。

作業の後、「コンパニオンプランツ」について学習しました。
Img_4250

次回は9月26日(水)です。










2018年8月29日 (水)

新任頭取グリーンキーパー研修③

8月24日(金)、新任頭取グリーンキーパー研修を行いました。

全5講座のうち、今回は3講座目です。
富山市の富山県民共生センターサンフォルテにお集まりいただきました。

Img_4192


講師は、東京から日本花の会の和田博幸先生にお越しいただき、
『みんなで進める花のまちづくり』と題して講演していただきました。

Img_4195

花のまちづくりの考え方や取り組み方、花の社会性(=花が社会に及ぼす
プラスの影響)について、また、全国の花のまちづくりの様子を写真で紹介
していただきました。
とても参考になるお話でした。

新任研修は、次回11月27日(火)に第4・5講座を行います。
5講座中3講座以上出席された方に、修了証が交付されます。

2018年8月22日 (水)

花壇実習⑨

8月22日(水)、第9回目の花壇実習を行いました。

最高気温37度になるという予報。
「今日は花壇管理の前に、まずは自分の管理をして下さい。」というのが
担当者からの注意事項でした。

しっかり水分補給をして、いざ花壇へ。

Img_4127

どんどん生長して、盛り盛りになってきました。

暑いからさっさと済ませて終わりましょう。と言ってたはずですが、
やはり色々と気になって、つい念入りになります。

Img_4140

Img_4155

Img_4160

一見、順調そうなアメリカンブルーですが、よく見ると中の方が
蒸れて茶色くなっています。
Img_4158

風通し良くするために、少し切り戻しが必要です。
Img_4159

3班さんは、前回、大蔵さんちのトレニアを補植されたのが功を奏して、
ベゴニアの周りがにぎやかになってくれました。
Img_4152_2

あちこちで、こぼれ種が活躍しています。

赤色のケイトウ
Img_4172

ビックリ箱から飛び出したようなクレオメ。
Img_4173

でも、私の記憶が確かならば、この種類のケイトウもクレオメも、
この実習花壇では植えた覚えがないのですが・・・。

鳥が運んで来たのでしょうかね・・・。

赤いコリウスが、コキアの影で暑さをしのいでいます。
これもこぼれ種です。
Img_4091_2

コキアが散髪されて、芸術的になりました。
Img_4165

マリーゴールドには支柱が立てられました。茎が割れて倒れ込む
のを防ぐためです。
Img_4162

細かいところまで手入れが行き届いて、すっきりとしました!
Img_4174

1週間もすれば、また花盛りになります。

さてお手入れの後は、島先生のミニ講座です。
今日のテーマはハーブです。

スペアミントとレモングラスで、ハーブティーをごちそうしてくださいました。
Img_4177

疲れた身体に染みわたって、気分爽快です。

さらに、ローズマリーやミントなどのハーブを使ったリース作りを
実演してくださいました。
Img_4181

ちょちょいのちょいで、こんなに素敵なリースができあがりました。
Img_4187

グリーンが目にも鮮やかで、香りにも癒されます。
夏の玄関先にあったら、とてもステキだと思います。

Img_4186

ローズマリーはボケ防止の効能もあるそうですよ。
早速試さなきゃいけませんね。

暑い中、皆さんお疲れさまでした。
37度の予報でしたが、この日、富山県の最高気温は39、5度だったようですshock

次回は9月5日(水)です。










2018年8月 8日 (水)

花壇実習⑧

8月7日(火)、第8回目の花壇実習を行いました。

猛暑続きの後、久しぶりに気温が30度を下回りました。
「暑いねー」があいさつ代わりだったのが、今日は開口一番『涼しいねー』に
一転しました。本当にここ1ヶ月のことを思うと、28度って普通は暑いはずですが、
涼しく感じます。

Img_4021

花壇は生長して株間がずいぶんと埋まってきました。

心配していたジニアは、あと一歩ですがこんもりとしてきました。
Img_4023

救世主のイポメアは、挿した時はこんなにちょろりんだったのが、
(7月11日)
Img_3896

今はこんなです。
(8月7日)
Img_4027

ポーチュラカもすごくて、花壇の外へ乗り出してきました!
Img_4061

どの花壇も共通なのが、サルビア・ファリナセアの調子が悪いです。
Img_4025

葉の色が薄く、ひょろひょろです。
もしかしたら、前回やった液肥が多すぎたのでは?という声も聞かれました。
人間も植物も、過ぎたるは及ばざるがごとし!ということですね。

レモンバジルの旺盛さに、サルビア・ファリナセアが負けています。
虹のブルーの色を担うはずだったのに・・・
Img_4051

レモンバジルは、となりのマリーゴールドとバランスをとるために、
思い切って切り戻されました。ここを通るたびに、レモンの良い香りがします。
Img_4052

バランスって大事ですね。一つだけ良すぎても、悪すぎてもダメですね。

でもちょっと待った。

「ダメ」っていうのはこちらが勝手に決めてるだけで、植物の側にしたら、
そんなこと言われる筋合いないって言われそうです。
ひとりでのり突っ込みしてしまいました。

3班さんは、大蔵さんがご自宅で育てられたトレニアを持って来てくださって、
Img_4029

暑くて元気がないベゴニアの周りに補植されて、にぎやかになりました。
Img_4054

ベゴニアは、秋になったらきっと盛り返してくるはずです。

コキアの剪定が上手な、2班の影近さん。
Img_4041

無資格の散髪やさんだそうです。

そんなじょうだんも交えながら、今日もお手入れに精を出しました。
Img_4034

Img_4036


Img_4042_2

次回は8月22日(水)です。

2018年7月27日 (金)

花壇実習⑦

連日猛暑が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
今年の暑さは異常ですね。こんなに秋が待ち遠しい夏は初めてです。

そんな命に関わる危険な暑さの中shock
7月25日(水)、第7回目の花壇実習を行いました。

Img_3966_2

花壇は大分見頃になってきました。
花にもこの暑さを乗り越えてもらうために、お手入れのテクニックを
色々と教わりました。

マリーゴールドは、このまま放っておくと茎が割れてくるので、剪定を施しました。
Img_3970_3

特にベゴニアは暑さに弱いので、株の負担を軽くするために花を摘み取りました。
Img_3987_2

植え替えても植え替えても定着しなかったメランポジウムですが、
ようやく落ち着いたようです。こぼれ種の助っ人、トレニアも根付いて
くれたようです。
Img_3969_3

残念ながら、所々、株間がなかなか埋まらない場所もあります。
ジニアは株によってかなり大きさに違いが。
Img_3963_2

コキアもこの通り。生長に違いが。
Img_3995_2

Img_3994_2
何が違うというのでしょう・・・

アゲラタムはこの後も生長が見込めないようなので、
Img_3964_3

アメリカンブルーに選手交代しました。
Img_3990_2

堀上げた根っこを見てみると、ポット苗の時のまんまの形だったので、
植える時にもう少しほぐしてやったら良かったのかもしれません。
Img_3972_2

今年はこの形の帽子が流行っているようです。
Img_3998_2

暑い中、1時間がんばりました。
Img_3997_2

Img_3982_2

Img_3993_2

作業の後は涼しいところで、『ハイドロカルチャー』教室。
いわゆる「水耕栽培」です。
Img_4006

テーブルヤシを中心に、今の季節にぴったりな涼しげな取り合わせです。
Img_4008_3

肥料を与えなければ、ほぼこのままの大きさで、何年も維持できます。

Img_4009_2

Img_4017_2

週末は台風の到来のようです。
こんなに頑張っている花壇に、被害がありませんように・・・。

次回は8月7日(火)です。






















2018年7月13日 (金)

花壇実習⑥

7月11日(水)、第6回目の花壇実習を行いました。

Img_3874

北陸も梅雨明けしました!
花壇の花たちも、ひとまわり大きくなりました。

梅雨時に立ち枯れしやすいニチニチソウは無事に乗り越えたようです。
Img_3862

アメリカンブル-も上々です。
Img_3860

が、しかし・・・

アゲラタムの生育が悪すぎるぅ~
植えた時とほとんど変わってないような気がします。
Img_3810

こんな時の助っ人は、こぼれ種から出てきたかわいこちゃん達です。
サルビア・コクシネアを株間に移植しました。
Img_3887

アンゲロニアの周りには、アメリカンブルーの挿し芽を。
Img_3884

またまた消滅してしまったメランポジウムの代わりに、
こぼれ種のトレニアを。
Img_3883

さらに、島先生が提供してくださった、イポメア・テラスライムを。
Img_3896

ちょっとさみしいポーチュラカには、さらにポーチュラカの挿し芽を。
Img_3881

コキアの散髪にも余念がありません。
Img_3879

Img_3878

各班、あの手この手で花壇を盛り上げようと、頑張りました。
なんとか根付いてくださいますように!

Img_3877

Img_3872

Img_3870

北陸の梅雨明けは、平年より15日も早かったそうです。
長い夏になりそうですねsweat01人間様も辛いですが、植物にも
過酷な時期です。なんとか頑張ってもらいたいものです。

次回は、7月25日(水)です。









2018年7月 4日 (水)

現任頭取・グリーンキーパー研修(県中央部編)

7月3日(火)

現任頭取グリーンキーパー研修を行いました。
今度は、富山市・射水市・上市町・立山町の方々に、富山市民プラザに
お集まりいただきました。

Img_3798

講師は長野県から、日本花の会花のまちづくりアドバイザーの
清水恵子先生にお越しいただきました。

テーマは、
『心を繋ぐふるさとづくり
    ~日常の暮らしに根差した花と緑で心通う新しいふるさとを~』

まさしく、グリーンキーパーさん達のモットーのようなテーマですね。

先生が大切にしている3つの『つ』

  「つくる」 「つづける」 「つたえる」

「つくる」は何とかできますが、後の2つはなかなか難しいことですね。

Img_3802

長野市や飯綱町の花と緑の活動や、ご自宅のオープンガーデンについて、
また、全国の素敵なガーデンを写真で紹介していただきました。

たくさんのご参加ありがとうございました。

もう少し梅雨空が続きそうですが、皆さまくれぐれも、体調管理に注意して
花壇作業を行ってくださいね。

2018年6月28日 (木)

花壇実習5

6月27日(水)、第5回目の花壇実習を行いました。

昨日まで「カラ梅雨だね」と言っていたのですが、いよいよ本格的な
梅雨空になってきました。今にも雨が落ちてきそうな中、出動しました。

Img_3754

前回の実習の際、このようにかなり花を摘みました。
5班さんの『立山に虹』花壇です。
Img_3601

2週間でこんなに回復しています。
株も大きくなり、花数も増えました。
Img_3742

最初はテーマを『立山虹』にされていたのですが、『立山虹』に変更されました。
一字違うだけで印象がずいぶん違って、ステキに聞こえませんか?
奧のコキアがこれから大きくなって、立山に虹がかかったようになるのです。

さて、気になるその後のメランポジウムなんですが、
Img_3748

またまたダメになったものがいくつかありました。

新たにベゴニアも
Img_3751

マリーゴールドも今ひとつ元気がない。
Img_3752

かと思えば、予備として最後尾にこっそりと植えたものが、
こんなに元気だったりして。
Img_3753

「わたし予備で責任ないからって、らーくになっとるがじゃない?」
と、1班の菅田さんのコメントでした。
本当にそんな気がしてきます。らくになっとる場合じゃないよと、
表舞台に出してやりました。

他にも同じ種類でお隣同士なのに、生育状況の異なるものが色々と・・・

例えば、ポーチュラカ。
Img_3756

サルビア・ファリナセア
Img_3779

同じ日に植えたのですが、何が違うのでしょうね???
摩訶不思議です。

生育不良のアサギリソウですが、控え選手の方が成績が良く、
座を奪われました。うかうかしてられませんsweat01
Img_3769

2班さんの『小人の森』花壇です。
「あんまりすることないがです」と言っておられました。
Img_3771_2

コキア、サルビア・ファリナセア、アメリカンブル-、ジニアプロフュージョン
ポーチュラカ。ほとんど手のかからないものばかりです。
地域の花壇には理想的な組合せかもしれませんね。

施肥や花がら摘みをして、今日の作業を終了しました。

Img_3760

Img_3767

Img_3764_2

次回は7月11日(水)です。

現任頭取・グリーンキーパー研修(県西部編)

6月26日(火)、

今度は県西部(高岡市・射水市・氷見市・砺波市・小矢部市・南砺市)の方々を
対象とした、現任頭取・グリーンキーパー研修を行いました。
クロスランド小矢部のホールに、230名余りの方にお集まりいただきました。

Img_3741_2

東京より、(有)ホリーホックガーデン代表の奧峰子先生に起こしいただき、
『地域を潤す魅力ある植栽をめざして』と題して講演していただきました。

Img_3739

奧先生はいろいろな公共花壇のデザインや管理を手掛けておられ、
私たちはなかなかお目にかかることはできないヨーロッパの花壇の、
お手本になるところをたくさん見せていただきました。
おすすめの花壇材料や色々な植栽例も、写真で紹介して下さいました。

Img_3729

参考になる点がたくさんありました。
地域の花壇でも取り入れていけたら良いですね。

たくさんのご参加ありがとうございました。

«現任頭取・グリーンキーパー研修(県東部編)