2017年11月20日 (月)

新任頭取・グリーンキーパー研修 閉講式

11月17日(金)、婦中町のファボーレホールにて、今年度の新任頭取・
グリーンキーパー研修を行いました。

Img_2997

全5講座のうち、この日は4講座と5講座を受講し、閉講式を行いました。

4講座では、「花の病害虫と防除について」と「土づくりのポイント」を学び、
5講座では、小矢部市北蟹谷地方銀行の実際の花壇活動のお話を聴きました。

Img_2998

講義の後は閉講式です。
5月に1・2講座、8月に3講座と行ってきましたが、5講座のうち3講座以上
受講された方に、修了証をお渡ししました。

Img_1546

修了証をもらって、終了ではありません。これからがスタートなのです。
来年度からも花のまちづくりをよろしくお願いします。

2017年11月15日 (水)

花壇実習⑬

11月15日(水)、

秋も随分と深まって、花壇実習も最終回です。

今にも雨が落ちてきそうな曇り空の下、花苗の撤去作業をしました。

Img_2946

ほいほいと抜いていくのは簡単ですが、ここはひとつ研修ですから、
抜いた根っこを確認しながら作業を進めました。

Img_2947

Img_2963

生育不良の苗は、やはり根っこもあまり伸びていなかったようです。

サルビア・ファリナセアや、コレオプシスなど、冬越しできそうなものは
ゴミ箱行きをまぬがれました。

Img_2967

10月の台風のせいで、コキアの紅葉を楽しむ間がなかったのが
残念でなりません。
Img_2964

植えた時はとっても時間がかかったのに、撤去はあっという間です。

Img_2951


Img_2961

どんどんきれいになっていきました。

Img_2965

腐葉土をたっぷり混ぜ込んで、来春までおやすみさせます。

Img_2969_2

Img_2974

使った道具も、感謝の気持ちを込めて洗いました。
Img_2975

作業の後は、カンナやダリアなどの球根の冬越しの仕方や、
雪囲いの際の縄の縛り方を教わりました。
Img_2982

Img_2988

今年度の実習も、無事終了しました。
島先生には花壇のことだけでなく、色々なことを教えていただきました。
毎回丁寧なご指導、ありがとうございました。

次回は11月29日(水)、閉講式を行います。

2017年10月25日 (水)

花壇実習⑫

10月25日(水)、第12回目の花壇実習を行いました。

先日の台風21号の仕業で、随分と無残な姿になってしまいました。

Img_2872


Img_2875

支柱をしたものも、そうでなかったものも、すべて北から南の方向へ
なぎ倒されてしまい、秋の花壇を楽しむどころではなくなってしまった
のでした。。。

こんな大きな木も倒れてしまうのですから、仕方ないです。
Img_2892

起こせる物は起こして、撤去する日まであと3週間がんばってもらう
ことにしました。

Img_2878

Img_2888

Img_2882

ヒャクニチソウもなんとか上を向きました。
Img_2895

作業の後は、みんなでこけ玉づくりをしました。

Img_2905

先生を見てると、とっても簡単そうに見えますが、実際やって
みると、これがなかなか難しいのです。

Img_2914

Img_2915

これからの緑の少ない季節に、グリーンがあるとうれしいですね。
Img_2908

次回は11月15日(水)です。








2017年10月23日 (月)

第45回 花と緑の大会

10月18日(水)、

富山県民会館にて花と緑の大会を行いました。

Img_2834_2

今年度の功労者表彰と、花と緑の各コンクールの上位入賞者の方の
表彰式を行いました。富山県知事や花と緑の銀行の須沼理事長より、
表彰状を受け取られました。

受賞された方々は本当におめでとうございました。これからも富山県が
花と緑でいっぱいになるよう、よろしくお願いいたします。

表彰式の後は、講演会です。
千葉大学院客員教授で、園芸文化研究家の賀来宏和さんにお越しいただき、

『歴史に見るこの国の園芸とこれからの花のまちづくり~
 花あふれる国を富山から』 と題して、講演していただきました。

Img_2837_2

現在、私たちが実践している園芸や花のまちづくりが、江戸時代から
受け継がれてきたものだということに、驚きました。

当時の、花や緑でいっぱいの風景が外国人を驚かせたように、これからも
訪れる人を驚かせるような花のまちづくりをしていきたいですね。

Img_2839

たくさんの頭取・グリーンキーパーの皆様にご参加いただき、
ありがとうございました。

2017年10月 7日 (土)

花壇実習⑪

10月4日(水)、第11回目の花壇実習を行いました。

私も久しぶりに花壇を見てびっくりしたのですが、
花の色が濃くなっています。
Img_2760

これから気温が下がるにつれて、秋色もどんどん深まっていきます。

あと1ヶ月ちょっと、植物園のお客様に見ていただけるように、
今日もひたすら花がら摘みや剪定をしました。

Img_2761


Img_2764

Img_2765

作業の後は、3週間前にみんなで種まきをして、持って帰って管理
してもらった苗を持ち寄って、ポットに植え替えをしました。

Img_2785_2

発芽率がほぼ100%だったり、
Img_2740

芽が出なかったり、出ても消えていってしまったり、
Img_2744

芽が出てから、おひさまの光が十分でなくて、ひょろんと徒長していたり、
Img_2741

いろいろなタイプがありました。
芽が出るまでは雨が当たらないところで管理し、芽が出たら
太陽の光と風に当てることが大切なようです。

地域で配られる苗は、ポット苗だったり、プラグ苗だったり、すでに
芽が出ているので、種まきは初めて!というグリーンキーパーさん
もたくさんおられました。

ピンセットなどで丁寧に植え替えて、
Img_2797

完成しました。
Img_2800

種からまいた苗は、まるで子どもの成長を見守るように
かわいさもひとしおです。無事に育ちますように。。。

次回は、10月25日(水)です。

2017年9月15日 (金)

花壇実習⑩

9月13日(水)、第10回目の花壇実習を行いました。

早くも10回目を迎えました。

毎回花がらをほとんど摘んでいるのですが、2週間後には
このように花畑です。

Img_2611

まだまだ回復力がありますね。

Img_2626_2

コキアが芯の方から少ーしずつ、赤く色付いてきています。
Img_2612

「手前を低く、奥の方を高く」の法則もうまくいっていますね。
Img_2629

Img_2617

Img_2628

トレニアは、つぼみと花がらの区別が本当につきにくいので、
よーく観察して切ります。が、実際のところはそんなにじっくり
してられないので、ちょっとくらいつぼみを切ることもあります。

Img_2646

今話題の「パンパスグラス」と秋の空をバックに記念写真を撮りました。
Img_2650

作業の後は、種まきのミニ講習です。
Img_2660

「ビオラ」と「葉ボタン」の種です。

ピンセットを使ったり、
Img_2665

紙を使ったり、
Img_2674

手でがんばってみたり、
Img_2667

それぞれやりやすい方法で。
あんまりちっちゃい種なので、「もうちょっこし大きい種のがないがけ?」
との声も聞かれましたが、今はこれが蒔き時なのです。。。
ちょっと目を離したら、どこまで入れたかわからなくなるくらい小さな種です。

Img_2671_2

分担して持ち帰り、3週間後の次回に再度持ち寄って、ポットに
鉢上げする予定です。





2017年9月 1日 (金)

花壇実習⑨

9月に入りました。
朝晩は随分と涼しくなって、虫の声にも秋の訪れを感じますね。

もう先月のお話になりましたがsweat01
8月30日(水)、第9回目の花壇実習を行いました。

Img_2560

いい具合に雨が降ったからか、ここ1ヶ月でお花たちがぐんぐんと
生長しました。例年、この花壇の見頃は8月始め頃なのですが、
今年は8月終わり頃に見頃になりました。

例えば、

「ポーチュラカ」
1ヶ月前には地面にへばりついて、これ以上伸びないのかと
思っていたのですが、
Img_2414

現在は、
横にも上にも伸びて、ふわふわです。
Img_2563

それと「ジニア・プロフュージョン」
1ヶ月前は、なかなか株間が埋まらず・・・
Img_2375

現在は、
Img_2584_2

こぼれ苗のマツバボタンも手伝って、株間がギッシリです。
後ろのコリウスも心配していたのですが、だいぶ大きくなりました。

これからの季節は、あまり強く切り戻すと回復に時間がかかる
ため、終わった花を摘むくらいにしました。

Img_2562

Img_2565

背の高いものがいよいよ倒れ始めたので、縛ったり、支柱を施しました。

Img_2592

この後も、台風などの被害なく、すてきな秋色花壇になりますように。

Img_2572

作業の後、島先生よりハーブについての解説と、レモングラスと
ミントのハーブティーをごちそうしてくださいました。
Img_2605

Img_2604

これくらいの量で、20人分は作れました。
とってもさわやかでホッとできますよ。

次回は9月13日(水)です。







2017年8月 2日 (水)

花壇実習⑦

8月2日(水)、第7回目の花壇実習を行いました。

朝から暑くなりそうな気配。
いよいよ夏本番というところです。

花壇も見頃。
今日もひたすらお手入れをしました。

Img_2425

株間もすっかり埋まってきました。

Img_2418

Img_2428

Img_2424

Img_2420

アゲラタムがやっぱり不調です。
前回移植したこぼれ種のマツバボタンが大分大きくなってきましたが、
まだ代役を果たすまでにはなっていませんね。
Img_2402

そうかと思えば、6班のアゲラタムは好調なのです。
Img_2415

同じ分量で土づくりをしているのに、不思議ですね。

それと、葉ゲイトウ。
枯れもしないけど、大きくもならない。
Img_2412

Img_2413

後方で、存在感を表してほしかったのに、かわいらしすぎるsweat01
矮性の品種だったのだろうか・・・。
花も、なんだか気むずかしいというか、思い通りにならないことが
多いです。そういえば、梅雨の豪雨や高温など、年々激しくなる
気候のせいもあるのかもしれませんね。

株間がさみしいところには、サルビア・コクシネアのこぼれ苗を
移植しました。
Img_2441

Img_2443

暑さに負けず、がんばってほしいです!

元気な受講生さん達です。
Img_2450

作業の後は、「ハイドロカルチャー」もしました。
土を使わず、ハイドロボールに植え付け、ケイ酸塩白土
で水も腐らず、清潔に育てることができます。
Img_2459

足下に貝殻やガラス玉をあしらって、涼しそうでしょ。
Img_2461

夏の玄関などにピッタリです。

Img_2475

Img_2471

次回は8月16日(水)です。

2017年7月19日 (水)

花壇実習⑥

7月19日(水)、第6回目の花壇実習を行いました。

今日のお手入れ前の花壇です。
Img_2258_2

2週間前の切り戻しの成果です。
盛り盛りですね~。

Img_2273_2

今回もまず、ひとつひとつお手入れ方法を確認してから
作業を開始しました。

Img_2288

Img_2297

Img_2306_2

コキアは順調で、まわりとバランスがとれるよう刈り込まれました。
Img_2276

例年、今頃は立ち枯れたり、梅雨の長雨に負けちゃったりして
調子が悪いはずの「ベゴニア・センパフローレンス」が、1株も
立ち枯れることなく、なんだかつやつやで元気なんです。
Img_2295

その反面、今頃は元気バリバリのはずの「マリーゴールド」に、
調子が悪い部分があるのです。
Img_2265_2

「ガウラ」もなかなか花が上がってきません。
Img_2267

どうしたことでしょうか。。。。

株間がなかなか埋まらないところには、こぼれ種で出てきた
マツバボタンやニチニチソウなどを補植しました。
Img_2293

Img_2324

「大きくなられや~」と祈る思いで、液肥も与えました。
Img_2309

スイートバジルは生育旺盛で、後ろのセンニチコウを隠してしまう
勢いだったので、
Img_2261

スッキリと刈り込まれました。
バジルのい~香りが漂っています。
けっこう背丈が大きくなるので、後部の方がよかったかもしれませんね。
Img_2327

次回は8月2日(水)です。
補植の成果がありますように。
きっと梅雨が明けていますね。

Img_2336









2017年7月11日 (火)

現任頭取・グリーンキーパー研修(県中央部編)

7月10日(月)

東部、西部についで、今度は県中央部での現任頭取・グリーンキーパー研修
を行いました。富山市・上市町・立山町の方々に、富山市の市民プラザに
お集まりいただきました。

Img_2247

今回は、横浜市よりNPO法人日本園芸療法研修会の澤田みどり先生に
お越しいただき、『園芸療法』について講演していただきました。

Img_4134

普段、植物の顔色を見ながら園芸活動を行っている私たちですが、
障害や病をもつ人、何らかの課題を抱え日常生活が困難な人にとっては
その逆で、その人の能力に合わせて植物や作業の種類等を選びます。
植物の人の心を癒す力や、人の心に喜びを与える園芸作業の性質を
上手に利用して、リハビリ等に活用します。

ざっくり言うとそんな感じですが、もっともっと奥深いお話です。
グリーンキーパーさんの中にも、普段、介護をされておられる方も
おられ、とても参考になったという意見もありました。

富山県内での園芸療法の活動の紹介もありました。
Img_4142

県内でも、園芸療法の活動がどんどん広がればいいですね。

たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

«花壇実習⑤